海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 開発中の宇宙船「Dream Chaser」をNASAが承認、2020年にも宇宙へ

Tech

開発中の宇宙船「Dream Chaser」をNASAが承認、2020年にも宇宙へ

米民間企業シエラ・ネバダ・コーポレーションが開発中の宇宙船「Dream Chaser」がこのほど、米航空宇宙局(NASA)の承認を取得した。 これを受け、同社はDream Chaserのフルサイズバージョンの製造に乗り出...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米民間企業シエラ・ネバダ・コーポレーションが開発中の宇宙船「Dream Chaser」がこのほど、米航空宇宙局(NASA)の承認を取得した。

これを受け、同社はDream Chaserのフルサイズバージョンの製造に乗り出し、早ければ2年以内に国際宇宙ステーションに物資を運ぶことになりそうだ。

・本格組み立てへ

今回、NASAはDream Chaserのデザインと性能のレビューを終え、「全てクリア」とした。つまり、本格製造へのゴーサインが出たことになり、シエラ・ネバダはケンタッキー州にある工場で本格組み立てに入る。

2年以内に完成する見込みで、順調にいけば2020年後半にも飛行することになるという。

・貨物5500キロ運搬

米国の民間宇宙開発会社というとSpace XやOrbital ATKの名が知られているが、シエラ・ネバダはこの2社とともに2016年、NASAから国際宇宙ステーションに物資を運ぶ任務の契約を獲得していた。

Dream Chaserは、他の2社の機材と異なり、滑走路に着陸できるのが特徴。そして1回あたり5500キロの貨物を運ぶことができ、また宇宙スステーションで不要になったものを最大3400キロ引き取ることが可能。契約ではDream Chaserは6つのミッションを予定している。

シエラ・ネバダのCEOは「初の宇宙フライトに向け一歩前進した」とコメント。当面は無人飛行となるが、長期的には有人飛行も視野に入れているようだ。

シエラ・ネバダ・コーポレーション
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報