海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up Uberの共同創業者も参画!フードデリバリー専門店をクラウド化する「CloudKitchens」

Start Up

Uberの共同創業者も参画!フードデリバリー専門店をクラウド化する「CloudKitchens」

「CloudKitchens(クラウド・キッチンズ)」は、遊休不動産をシェアリング型の業務用厨房施設にリノベーションし、シェフや起業家らを対象に、厨房設備やフードデリバリー代行サービスなどを提供するスタートアップ企業だ。...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「CloudKitchens(クラウド・キッチンズ)」は、遊休不動産をシェアリング型の業務用厨房施設にリノベーションし、シェフや起業家らを対象に、厨房設備やフードデリバリー代行サービスなどを提供するスタートアップ企業だ。

オンデマンド型配車サービス「Uber」の共同創業者として知られるトラビス・カラニック氏が参画していることでも注目されている。

・フードデリバリー事業のためのインフラやソリューションを提供

「CloudKitchens」では、厨房設備のほか、配達代行、マーケティング支援ソリューションなど、フードデリバリー事業に必要なインフラやソフトウェアを整えているのが特徴。

フードデリバリー事業を立ち上げるための初期投資はもちろん、オペレーションにおける固定費を軽減できることから、シェフや起業家のほか、デリバリーサービスを展開したい既存の飲食店などでもニーズが見込まれている。

「CloudKitchens」は、現在、米ロサンゼルスを拠点としており、今後、サンフランシスコやシカゴ、ニューヨークにも展開していく方針だ。

・オンデマンド型フードデリバリーサービスの広がり

オンデマンド型フードデリバリーサービスは、近年、世界各地で急速に広がってきた。

市場調査会社「Technavio」によると、2017年から2021年までに年平均32%のペースでさらに成長し、その市場規模は世界全体で576億ドル(約6兆3600億円)に達するとみられている。

米国では、「CloudKitchens」のほか、「Kitchen United」など、フードデリバリーサービスを支えるB2B型ソリューションが次々と生まれており、このような市場のトレンドを後押ししていきそうだ。(文 松岡由希子)

CloudKitchens
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報