海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise コンサート最前列にいる臨場感をイヤホンで実現!高音質イヤホン「Starbrick Be4」が日本上陸

Enterprise

コンサート最前列にいる臨場感をイヤホンで実現!高音質イヤホン「Starbrick Be4」が日本上陸

音楽を一人の世界でじっくり聴きたい人、通勤や移動の途中で聴く人……。音楽好きならヘッドフォンやイヤホンにはちょっとこだわりがあるかもしれない。 ・生演奏を聴いているような音を再現する「Starbrick Be4」 このた...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
音楽を一人の世界でじっくり聴きたい人、通勤や移動の途中で聴く人……。音楽好きならヘッドフォンやイヤホンにはちょっとこだわりがあるかもしれない。

・生演奏を聴いているような音を再現する「Starbrick Be4」

このたび、FELIX フェリクスは、Starbrick社の日本総代理店として、2018年12月26日より「Starbrick Be4」をクラウドファンデイングのCAMPFIREにて提供を開始した。

「Starbrick Be4」イヤホンは、ハイクオリティのオーディオイヤホンで、目の前で生演奏がおこなわれていると思うほど、自然で生き生きした音を再現する。

・ベリリウムがパワフルなサウンドの肝

「Starbrick Be4」には、ベリリウムの技術が活用されていて、これが高品質のオーディオを実現するキーポイント。ベリリウムとは元素記号がBe、原子番号第4番の金属元素。イヤホンの名前が「Starbrick Be4」なのはこれに由来する。4番目に軽く、鋼より4倍強い金属元素として知られるベリリウムは、より一貫性のある強力なサウンドを可能にする。

安価な素材、他の金属を使った一般的なイヤホンとは異なり、ベリリウム製ダイアフラムスピーカーは、最大16KHzの温かみのあるフルサウンドを出すことができる。サラウンドスピーカーにはしばしばベリリウムが使われているが、それをイヤホンでいかに実現するのか、その課題を「Starbrick Be4」はクリア。

部品の一つ一つがCNCアルミニウムケーシングでできており、ケーシング内は単一の動的ベリリウムダイヤフラム。歪みのないクリアで高品質なサウンド、コンサートで最前列にいる感覚、生き生きとした音楽、澄み切った響き渡る音楽を実現している。

1つ1つ細かくチェックをおこないながら製造するため、量産ができない。また、オーディオを強化するための専用ソフトウェアエフェクトはなく、音質実現のためにワイヤレスでもない。「とにかく便利で早く」という“イマドキ感”とは敢えて一線を画している。

・製品特徴を紹介

《Starbrick Be4の特徴》

3Dダイアフラム
周波数範囲
▼高音
Starbrick Be4でハイハットを聴くと、金属製の鋭い音は消える。ギターの音は鮮明で滑らか。シンバルの音は強く響き渡り、音楽は生き生きと明瞭に響く。

▼中音域
中音域ではソフトな響き。アーティストの甘く透き通った声と、スムースなピアノの旋律を聞き分けることができる。

▼低音
低音が多いほど良いと思われがちだが、重要なのは低音の量ではなく質であり、ダイナミックなドライバーを通じて、最高の音質、バランスの取れたベース(低音)をもたらす。

音楽愛好家のニーズと心を満たす、高音質のサウンドを提供してくれる「Starbrick Be4」。興味がある人はチェックしてみては。

CAMPFIRE オーディオイヤホン Starbrick Be4
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報