海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech DJIの最新ドローン「Mavic 2 Enterprise Dual」は赤外線カメラを搭載

Tech

DJIの最新ドローン「Mavic 2 Enterprise Dual」は赤外線カメラを搭載

DJIのドローンは近年、救助・捜索を行うレスキューや消防などでの活用が広まりつつある。今回、そうした活動をさらにバックアップする機能を備えたバージョンが発売された。 赤外線カメラを搭載している「Mavic 2 Enter...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
DJIのドローンは近年、救助・捜索を行うレスキューや消防などでの活用が広まりつつある。今回、そうした活動をさらにバックアップする機能を備えたバージョンが発売された。

赤外線カメラを搭載している「Mavic 2 Enterprise Dual」だ。可視カメラがとらえた映像と赤外線カメラの映像をリアルタイムに統合することで、暗闇でもはっきりと人の存在などをとらえたり、温度を測定したりすることができる。

・FLIRと提携

発表によると、赤外線カメラ搭載にあたっては米国企業FLIRシステムズと提携している。

赤外線カメラは、物体から出る赤外線を可視化するものだが、Mavic 2 Enterprise Dualは名称にデュアルとあるように、FLIRが開発したセンサーが内蔵された赤外線カメラと、1/2.3CMOSセンサー内蔵の4Kカメラの2つを搭載している。

そしてFLIRが特許を取得している多重スペクトル・ダイナミック・イメージング技術を活用して、可視光による詳細映像を赤外線画像に映し出す。

・暗闇で力を発揮

これにより、たとえば、これまではライトを使って行なっていた暗闇での遭難者捜索は、赤外線カメラを活用することでよりはっきりと遭難者の存在を確認できるようになることが見込まれる。

また、赤外線カメラでは温度の測定が可能で、建物の火災のときに、どこが一番激しく燃えているかを特定することが容易になる。

民生用ドローンを多く展開しているDJIだが、Mavic 2 Enterprise Dualは産業用。中でも救助・捜索活動などでの使用を想定している。

来年1月8〜11日に米国ラスベガスで開かれるCESで展示され、発売価格は2699ドル(約30万円)となっている。

DJI
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報