海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 自転車の走行時のエネルギーを活用し、近隣に電力供給する世界初の駐輪ソリューション「S-PARK」

Tech

自転車の走行時のエネルギーを活用し、近隣に電力供給する世界初の駐輪ソリューション「S-PARK」

「S-PARK」は、自転車の走行時に生成される運動エネルギーを電力として活用する世界初の駐輪ソリューションだ。 蘭アムステルダムで地元の景観や文化を生かしたクリーンエネルギーの創出に取り組むイニシアチブ「WDCD Cle...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「S-PARK」は、自転車の走行時に生成される運動エネルギーを電力として活用する世界初の駐輪ソリューションだ。

蘭アムステルダムで地元の景観や文化を生かしたクリーンエネルギーの創出に取り組むイニシアチブ「WDCD Clean Energy Challenge」のもと、オランダを拠点に活動する2名のデザイナーによって開発された。

・自転車の走行時に生成される運動エネルギーを電力に活用


世界的な自転車都市として知られるオランダの首都アムステルダムでは、自転車の総走行距離が1日あたり約200万キロメートルにのぼり、平均1950万ワット時相当のエネルギーが生成されている。

「S-PARK」は、バッテリーが装着された専用の前輪を自転車に取り付けて、走行時に生成される運動エネルギーを貯め、専用の自転車ラックに前輪を差し込んで駐輪すると、このエネルギーが送電線を通じて近隣に供給される仕組み。

1台あたりの日平均走行距離を3.6キロメートルと仮定すると、30台収容の自転車ラックでおよそ1キロワット時のエネルギーが発電でき、近隣の街路灯や家庭用電力などに活用できるという。

・駐輪場が電力供給の場に!?

アムステルダムでは、現在、20万カ所以上に自転車ラックが設置されている。

近い将来、これら既存の自転車ラックを「S-PARK」に置き換えていくことができれば、駐輪場が新たな電力供給スポットにもなりそうだ。(文 松岡由希子)

S-PARK
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報