海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise アメリカの住宅会社が放つ大胆な提案!企業向けにトレーラーハウスを1年間無料で借りられるプログラムを提供

Enterprise

アメリカの住宅会社が放つ大胆な提案!企業向けにトレーラーハウスを1年間無料で借りられるプログラムを提供

ウィスコンシン州のポータブルハウス製造会社、ESCAPEが興味深いプログラムを提案している。同社のトレーラーハウスの管理者を務めることで、1年間、無料でその家をレンタルできるという。 ・対象はAirbnbなどの宿泊予約サ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウィスコンシン州のポータブルハウス製造会社、ESCAPEが興味深いプログラムを提案している。同社のトレーラーハウスの管理者を務めることで、1年間、無料でその家をレンタルできるという。

・対象はAirbnbなどの宿泊予約サービス企業

主な対象は、Airbnbなど、宿泊予約サービスを営む企業。取り分は、収益の40パーセントとなる。あくまで、ビジネス向けに用意されたパートナーシップのため、個人による使用は禁じられている。

居住地区は、米国内トップ50に入るメトロエリアから100マイル以内の場所。荒れ果てた土地や動物しかいない不便な所ではなく、比較的交通量の多い場所が選定されている。設備も充実しており、太陽光発電システムをはじめ、パノラマウィンドウ、フルキッチン、広々としたバスルーム、ベッドルーム、洗濯機/乾燥機、フル気候制御、LED照明などが完備されている。

・民泊のイメージ拡大に貢献!?

管理者になれば、期間中であっても、家を購入することができる。価格はユニットの大きさに応じて、4万ドル(約4500万円)~78500ドル(約8700万円)。高額に感じるが、月額の支払いは315ドル(約3万5000円)から対応しているので、平均的な賃貸物件より、はるかに安い。さらに、このトレーラーハウスは法的にRVとみなされるため、財産税を払わなくて済む。

個人で借りられないのは残念だが、宿泊施設を拡大したい企業からすれば、大きなビジネスチャンスとなるだろう。広告宣伝も、ESCAPE側で請け負ってくれるので、その分の費用も大幅に削減される。

日本では一大センセーションを巻き起こした民泊業だが、ここ数年は、さまざまなトラブルが取沙汰され、頭打ちの感が否めない。このプログラムが、突破口になるとは思えないが、新たなイメージを生む価値はありそうだ。

ESCAPE Rental Program
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報