海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ポルシェ初のEV「Taycan」生産、部品輸送のトラックもEVを採用

Tech

ポルシェ初のEV「Taycan」生産、部品輸送のトラックもEVを採用

ポルシェは、同社初の電気自動車となる「Taycan」の生産開始を来年に控えているが、生産に伴う部品を輸送するトラックもEVを使用すると発表した。 ポルシェと同じフォルクスワーゲングループ傘下のトラックメーカーMANの32...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ポルシェは、同社初の電気自動車となる「Taycan」の生産開始を来年に控えているが、生産に伴う部品を輸送するトラックもEVを使用すると発表した。

ポルシェと同じフォルクスワーゲングループ傘下のトラックメーカーMANの32トン全電動トラックを採用する。

・ゼロインパクト工場に

目的は、ドイツ・ツッフェンハウゼンに設けられたTaycanの生産プラントを“ゼロインパクト工場”にすることだ。

工場と、同社のロジスティックパートナーLGIがフライベルク・アム・ネッカーに所有するサイトを結ぶ長さ19キロのルートを走行し、部品を運搬する。

・CO2排出3万キロ抑制

使用されるトラックeTGMは265kW馬力で、容量149kWhのリチウムイオン電池を搭載。最大積載量は18トンだ。航続距離は130キロと短いが、工場間を往復するには十分だろう。

ポルシェによると、eTGMを使用することで年間3万キログラム超の二酸化炭素排出を抑制できる計算という。

今回お披露目されたトラックの写真をみると、トラックの荷台部分にはTaycanの写真が大きく掲載されていて、走りながらの“宣伝”効果も期待できそうだ。

Taycanはポルシェ初の完全EV車となり、時速100キロまでの加速にかかる時間はわずか3.5秒、フル充電で500キロ超の走行ができるという、かなりハイスペックなEVとなる。それだけに世界から注目されているが、生産開始に向け着々と準備は進んでいるようだ。

Porsche
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報