海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 目が見えない人でもタッチスクリーンを操作できるようになるシステム、カナダの学生が開発

Tech

目が見えない人でもタッチスクリーンを操作できるようになるシステム、カナダの学生が開発

チケットを購入したり、ATMで現金を引き出したりと、タッチスクリーンは社会の至るところで活用されている。しかし、目が見える人にとっては便利なものだが、視力に障がいを抱える人が操作しようとすると困難に直面する。 そこで、ス...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
チケットを購入したり、ATMで現金を引き出したりと、タッチスクリーンは社会の至るところで活用されている。しかし、目が見える人にとっては便利なものだが、視力に障がいを抱える人が操作しようとすると困難に直面する。

そこで、スマホとスティッカー、指輪を使って目が見えない人でも操作できるようにするシステム「WatVision」を、カナダ・ウォータールー大学の学生チームが開発した。

・アプリが読み上げ

WatVisionを活用するにあたってはまず、タッチスクリーンの4つの隅に専用スティッカーをはる。そうすることで、専用アプリを立ち上げてスクリーンの写真をとるときに、隅を認識してスクリーンを正しくとらえることができる。

アプリで写真を撮ると、その写真データをもとにユーザーが専用指輪をはめた指でさしたものを認識して、読み上げるようになる。

・制作費わずか170円

たとえば、タッチスクリーンを操作してICカードにお金をチャージするとして、1000円、2000円、5000円などとオプションがあったとする。視力障がい者は選択肢が見えないわけだが、指輪をはめた指をスクリーンの上に持ってきてかざすと、それがどういう内容なのかを音声で確認できる。

またこのシステムで画期的なのが、制作費がわずか2カナダドル(約170円)と極めて安価なこと。これなら大量に社会に導入することができそうだ。

WatVisionは今年のジェームズ・ダイソン賞コンペティションに応募し、カナダ国内で最優秀賞を受賞。開発チームは現在この技術の特許を申請している。

WatVision
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報