海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech EV100キロ走行分を3分で充電! ポルシェとBMW、新技術で実験

Tech

EV100キロ走行分を3分で充電! ポルシェとBMW、新技術で実験

充電にかかる時間をいかに短縮するか、というのは電気自動車(EV)の普及の鍵を握っている。そのため、各メーカー、この分野の開発にかなり力を入れている。 その成果が形となり始めている。このほど、ドイツを代表するメーカー、ポル...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
充電にかかる時間をいかに短縮するか、というのは電気自動車(EV)の普及の鍵を握っている。そのため、各メーカー、この分野の開発にかなり力を入れている。

その成果が形となり始めている。このほど、ドイツを代表するメーカー、ポルシェとBMWは最大出力450kWの充電設備をテストし、100キロ走行できるだけの電気を3分で充電できた、と発表した。

・特別な研究車両で実験

テストでは、ドイツ政府の予算がついている“Fast Charge”研究プロジェクトで開発された設備を活用した。この設備の出力は最大450kWと現在普及しているものよりもかなり大きい。

ポルシェの実験では、蓄電容量90kWhのバッテリーを搭載したテスト車両を使用し、出力400 kWで充電。そしてわずか3分で100キロ走行するだけを充電できたことが確認された。

一方、BMWの実験では研究用のi3車両を使用し、バッテリー残量10%を15分で80%にすることができた。

・車側にも技術必要

この急速充電の技術を使うには、車の側も対応する技術を搭載している必要がある。現在販売されているEVをみると、Audiのe-Tronが出力150kW、Tesla車両が同120kW対応となっている。そして来年発売されるポルシェのTycanは最大350kWをサポートする。

今後発売されるEVの充電対応能力は上がってくることが見込まれ、両方揃った時にこの急速充電の恩恵を受けることができる。

現在ガソリンスタンドで給油しているような感覚でEVを充電できれば、EVは今後加速度的に浸透するのかもしれない。

ポルシェ

BMW
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報