海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 30秒で車レンタルできる! Hertzが生体認証を使った新サービス導入

Tech

30秒で車レンタルできる! Hertzが生体認証を使った新サービス導入

車をレンタルするとき、営業所のカウンターでまず免許証を提示し、車を選び、支払いを済ませるというプロセスが発生する。 しかしそれらの大半を省略できるサービスをレンタカー大手Hertzが導入した。生体認証を活用していて、客は...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
車をレンタルするとき、営業所のカウンターでまず免許証を提示し、車を選び、支払いを済ませるというプロセスが発生する。

しかしそれらの大半を省略できるサービスをレンタカー大手Hertzが導入した。生体認証を活用していて、客は専用マシーンに顔を向けるだけで車をレンタルできるというもの。最速30秒でレンタカーに乗って営業所を後にできるという。

・Clearの技術

サービス名称は「Fast Lane」。サービス展開にあたっては、セキュリティスタートアップClearの技術を採用している。

Clearの生体認証を用いたサービスは、空港のセキュリティチェックや、野球場での物品購入ですでに活用されているが、車レンタルに採用されるのは今回が初となる。

・機械に顔を向けるだけ

Fast Laneを使うには、ユーザーは営業所に行き、まず車を選ぶ。そして、その車を運転して出口に向かい、出口にある機械に顔を向けるだけで手続きは終了。ゲートが自動であくので、そのまま街に繰り出せる。

もちろん、利用するにあたっては最初にセットアップが必要で、Hertzのゴールドプラスプログラム会員が対象となる。特典として、会員は通常179ドル(約2万円)するClearの空港セキュリティサービスを割引価格で利用できるとのこと。

Fast Laneは現在、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港のみで利用できるが、2019年にかけて40カ所超で展開するという。

Hertz
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報