海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 加盟店で食事して、キャッシュバックを受けて、募金もできる「Mogl」 飢えている人に食事を提供

Start Up

加盟店で食事して、キャッシュバックを受けて、募金もできる「Mogl」 飢えている人に食事を提供

米国というと先進国で飽食の国というイメージが強いが、実際には満足に食事をとれない人が5000万人いるという。実に子どもの5人に1人が恒常的な空腹を抱えているという。そうした状況を何とかしようと展開されているのがレストラン...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Mogl米国というと先進国で飽食の国というイメージが強いが、実際には満足に食事をとれない人が5000万人いるという。実に子どもの5人に1人が恒常的な空腹を抱えているという。そうした状況を何とかしようと展開されているのがレストラン利用時に食糧銀行に募金できる「Mogl」だ。サービスに加盟するレストランを利用する際にキャッシュバックを受けられ、その中から好きな金額を募金できるというもの。募金20セントで1食が食糧銀行を通じて恵まれない人に提供される。

利用するにはあらかじめサイトでサインアップし、支払いに使うクレジットカード(またはデビットカード)情報を登録する。ユーザーはMoglに加盟する飲食店で食事をする際に登録されたカードで支払うと、代金の10%がキャッシュバックされる。そのキャッシュバックからいくらかでも募金してもらうというのが「Mogl」の主旨で、募金の金額設定はユーザーの自由だ。アプリ内では、政府の情報に基づいて、ユーザーが住む街で毎月何食が必要かというデータが示され、ユーザーがこれまでに募金で提供した食事の数などもチェックできる。

Moglの代表によると、キャッシュバックというメリットがあり、しかも募金という社会貢献もできることから、Moglのサービスを使った場合の客の支払額はMoglを使わないときより平均45%も増えるという。これは店側にとっても好都合でMoglの導入で1カ月の売り上げが70%増加したレストランもあったという。

現在、Moglはサンフランシスコ、サンディエゴ、ロサンジェルスなど6都市でサービを展開していて、加盟する飲食店は数千軒。今後は全国にサービス拡大する方針で、ユーザー100人と加盟店5店が確保できたら展開するという。

Mogl
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報