海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech テレビがゴッホの絵画になる! サムスン、Frame TV向けに新コンテンツ追加

Tech

テレビがゴッホの絵画になる! サムスン、Frame TV向けに新コンテンツ追加

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
サムスンのFrame TVは、映像を見ない時に絵画を“飾れる”テレビとして、いま世界で人気が上昇中だ。壁にかけられる薄型で、名称にある通りフレームのよう。

そのFrame TVの売りの一つが“飾る”絵画の豊富さだが、このほど新たにゴッホなどの名作が加わった。

・3施設と提携

サムスンが新たに3つの美術館・ギャラリーとパートナーシップを結び、名作62点が閲覧できるようになった。

提携を結んだのはイタリアのUffiziギャラリー、ニュージーランド国立博物館テ・パパ・トンガレワ、そしてオランダのゴッホ美術館だ。

この3つの施設が所有する絵画62点がサムスンのアートストアに加わった、そこにはボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」やゴッホの「ひまわり」など、世界的に有名な作品がいくつも含まれている。

・部屋がギャラリーに

テレビというのはオフにしているとただ真っ黒な存在だが、Frame TVはそこに絵画を飾るという大胆な発想の製品だ。絵を飾ることでテレビがテレビ以上の存在、インテリアになるのだ。

しかも、ユーザーはカスタムアートギャラリーを作成して、スライドショー的に絵画を定期的に変えることができ、テレビを置いた空間をギャラリーのようにすることができる。

Frame TVは2017年発売当初は55インチと65インチのみだったが、現在は43インチも展開されている。

Samsung
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報