海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 自撮り写真つきメッセージが送れるアプリ「React Messenger」登場 絵文字のように顔写真を使用

Mobile

自撮り写真つきメッセージが送れるアプリ「React Messenger」登場 絵文字のように顔写真を使用

テキストメッセージで絵文字を使う人は多いだろう。ハッピースマイル、悲しい顔、膨れっ面など表情に関するものだけでも豊富にある。そうした絵文字の代わりに、ユーザー自身の自分撮り写真をメッセージにつけて送れるアプリ「React...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
React Messengerテキストメッセージで絵文字を使う人は多いだろう。ハッピースマイル、悲しい顔、膨れっ面など表情に関するものだけでも豊富にある。そうした絵文字の代わりに、ユーザー自身の自分撮り写真をメッセージにつけて送れるアプリ「React Messenger」が登場した。端末のスクリーン側についているカメラで自分自身を撮影する自分撮りは若者を中心に最近のトレンドになりつつあるが、絵文字ではなく“生”の自分撮りの表情で相手にニュアンスを伝えるものだ。

例えば、ジョークや驚き、愛情、嫌み、ジェラシーなどの感情やニュアンスを言葉で説明するのが難しい場合がある。そんな時に、メッセージのやりとりをしながら自身の大笑いの顔や、あっかんべーをしている顔、にらみをきかせている顔、投げキッスの動作などの写真を撮って送れば、相手は一目瞭然というわけだ。メッセージは漫画の吹き出しのように円形の顔写真の横に配置されるので、表情に変化をつけてやりとりすると面白くなりそうだ。また、メッセージなしで顔写真だけ送ることもできる。

わざわざカメラを立ち上げて撮影してから保存し、メッセージで送るというのではなく、撮影とメッセージ・写真の送信がアプリ内で完結するつくりになっている。また、自分撮りと、背面カメラで撮った目の前に広がる光景の写真を同時に送ることもできるので、自分がどういうシチュエーションにいてどんな気持ちでいるかを写真だけで伝えることも可能だ。

メッセージアプリは溢れかえっているが、自分撮りにフォーカスしたものはおそらく初めてだろう。もちろんこのアプリを使うには自分撮りカメラを備えていることが前提で、iOS 7以降の端末で利用できる。開発した米国ロサンゼルス拠点のスタートアップによると、アプリは当面無料とし、ゆくゆくは有料化も考えているようだ。

React Messenger
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報