海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 自動運転のWaymo 、配車サービス「Waymo One」をアリゾナで商業展開

Tech

自動運転のWaymo 、配車サービス「Waymo One」をアリゾナで商業展開

米Alphabet傘下の自動運転車開発会社Waymoは、アリゾナ州フェニックスで配車サービス「Waymo One」をスタートさせた。 当面はバックアップとしてドライバーが運転席にいるものの、基本的には全て自動運転で客に乗...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米Alphabet傘下の自動運転車開発会社Waymoは、アリゾナ州フェニックスで配車サービス「Waymo One」をスタートさせた。

当面はバックアップとしてドライバーが運転席にいるものの、基本的には全て自動運転で客に乗車を提供し、自動運転社会がかなり近づいた。

・アプリで配車依頼

配車サービスUberやLyftのように、Waymo Oneもアプリで配車を依頼できる。位置情報を使ったアプリを立ち上げて行き先を入力すると、所要時間や料金、車両の居場所がマップに表示される。

あとは「配車を確認」のボタンをタップして待っていれば、自動運転車が迎えに参上するという仕組み。支払いは登録したクレジットカードで決済されるので、目的地に着いたらそのまま下車すればいいという手軽さだ。

・早期プログラム参加者のみ

もっとも、サービス開始といっても、現在利用できるのはWaymoがこれより以前に展開したプログラムEarly Ridersに登録した人の中から、さらに選ばれた人のみ。

実際に対象者が何人なのかWaymoは明らかにしていないが、かなり少ないとみられ、一般展開と呼んでいいのかは迷うところだ。

ただ、最終的な目標は自動運転車による配車サービスの本格展開で、当然のことながら今後は規模を少しずつ広げていくことが予想される。

WaymoがGoogle内の自動運転車プロジェクトとして始まってから約10年。今回の配車サービス開始は大きな一歩と言えそうだ。

Waymo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報