海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise Apple storeのロゴが赤色に!Apple、店舗の仕様変更で世界エイズデー賛同を表明

Enterprise

Apple storeのロゴが赤色に!Apple、店舗の仕様変更で世界エイズデー賛同を表明

12月1日は、世界エイズデー。エイズまん延防止、エイズ患者やHIV感染者に対する差別偏見の解消を目的に、1988年からスタートした国際記念日だ。エイズ支援活動に賛同するAppleでは、世界各地にあるApple store...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
12月1日は、世界エイズデー。エイズまん延防止、エイズ患者やHIV感染者に対する差別偏見の解消を目的に、1988年からスタートした国際記念日だ。エイズ支援活動に賛同するAppleでは、世界各地にあるApple storeのロゴを赤く染め、World AIDS Dayを強調する仕様にした。

・CEOがツィートで報告

同社CEOのティム・クック氏は、店舗の様子を、Twitterで報告。ミラノのリバティー広場と、韓国のガロスギル店の写真を掲載し、ロゴのカラー変更を発表した。期間中は、赤いAppleロゴを125店舗で、赤色のデカールを、400店舗で展示するという。

クック氏は、「世界中のApple storeは今、世界エイズデー賛同を表明するため、赤字になっている。エイズフリーの時代は、いずれ来る」と語っている。

・売り上げの一部を寄附

Apple製品の定番カラーである“PRODUCT(RED)”は、(RED)の活動に協力するグローバル企業共通のブランドだ。“PRODUCT(RED)”製品を購入すれば、売上の一部が、エイズ支援活動に寄付される。こうした非営利キャンペーンのおかげで、赤色は、HIV / AIDS患者支援を象徴するカラーとなった。

店舗の仕様変更期間は、11月30日~12月7日まで。活動に対する取り組みは、全世界で実施しているが、Apple 渋谷店など、ロゴの(RED)化を行わない店舗も、一部あるとのこと。また、期間中にApple StoreおよびAppleの通販サービスで、Apple Pay使って支払うと、1回の支払いにつき1ドル(約110円)が(RED)に寄付される。

souce by appleinsider
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報