海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 日本マイクロソフトとLayerX、“ブロックチェーン”分野で協業 コンサルから開発導入までトータルでサポート

Enterprise

日本マイクロソフトとLayerX、“ブロックチェーン”分野で協業 コンサルから開発導入までトータルでサポート

近年、“ブロックチェーン”というワードをよく耳にするようになった。“分散型台帳技術”“分散型ネットワーク”などとも呼ばれるデータベース技術である。 ブロックチェーン技術の導入により、システムやサービスなどが停止している時...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、“ブロックチェーン”というワードをよく耳にするようになった。“分散型台帳技術”“分散型ネットワーク”などとも呼ばれるデータベース技術である。

ブロックチェーン技術の導入により、システムやサービスなどが停止している時間がゼロになるゼロダウンタイム運用が可能になることや、改ざん耐性が高いデータの共有による監査の透明化や効率化ができること、業務フローの自動化や省コスト化がはかれるメリットがあり、昨今関心を寄せる企業も少なくない。しかし、実際企業ごとに異なる事情やニーズに合わせ、どのように導入実現をしたらよいのかわからないという企業も多い。

・「Microsoft Azure」の「BaaS」を活用

そんな時勢を受け、株式会社LayerXと日本マイクロソフト株式会社は、ブロックチェーン分野において協業し、企業へのブロックチェーン導入コンサルティング、開発支援等のサポートなどをおこなう。

日本マイクロソフトは、2016年よりパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上でブロックチェーンインフラの構築を支援する「BaaS(Blockchain as a Service)」の提供を開始していて、Nasdaqの Nasdaq Financial Framework (NFF)など、すでに国内外で多くの企業に利用されている実績がある。

・ブロックチェーン技術開発に特化したLayerX

LayerXは、情報キュレーションアプリ「グノシー」を運営する株式会社Gunosyと FinTech企業AnyPay株式会社の合弁会社として2018年8月1日に設立された会社。ブロックチェーン技術に特化し、 スマートコントラクトの開発やエンタープライズ向けブロックチェーン導入、コンサルティングなど国内外でサービスを展開中。

今回の両社の協業により、ブロックチェーン技術の導入意向を持つ企業に対して、顧客ごとの事業領域やサービス内容を考慮しつつ、どのような領域がブロックチェーンに向いているかなどのコンサルティングや、「BaaS」を活用した開発の技術支援や導入プロセスまで、トータルで支援していく意向だ。今後、様々な業種でブロックチェーン技術の普及に向けた施策を検討、実施していくという。

企業にとっては、自社の業務やサービスのどのような部分にブロックチェーンが効果的か、まずそういった根本的な疑問を明らかにすることから始まり、最終的な開発導入段階まで、安心して任せられるのは大きい。ブロックチェーン技術は今後もますます広がりを見せていくことだろう。

株式会社LayerX
日本マイクロソフト株式会社
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報