海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 使いたい時にスライドして簡単収納!スキミングを防ぐRFIDブロックウォレット「RFIDsecur」

Tech

使いたい時にスライドして簡単収納!スキミングを防ぐRFIDブロックウォレット「RFIDsecur」

RFID機能搭載のクレジットカードは、時としてそれ故の脆弱性を露呈させてしまう。スキミング犯罪の実行者は、狙いのカードを直接目視しなくともその情報を抜き取ることができる。 だからこそ最近では、RFIDブロック機能が施され...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
RFID機能搭載のクレジットカードは、時としてそれ故の脆弱性を露呈させてしまう。スキミング犯罪の実行者は、狙いのカードを直接目視しなくともその情報を抜き取ることができる。

だからこそ最近では、RFIDブロック機能が施された財布が続々登場している。この記事ではクラウドファンディング「Kickstarter」に登場した「RFIDsecur」を紹介したい。大切なカードの情報を守ると同時に、取り出しやすさを追求した製品でもある。

・即座に取り出し、ブロックを解除

RFIDブロックは、確かに大事な機能だ。しかしそれがある故、財布からカードを取り出しにくくなったということはないだろうか。

この機能がある限り、財布にカードを入れたまま読み取りパッドに置いて決済、ということはできない。カードを財布から抜き取る必要があり、これでは現金での決済とあまり変わらない。

そこでRFIDsecurの出番である。これはカード専用RFIDブロックウォレット。縦方向へのスライド収納式であるが、カードを使う時はこのスライドを開く。するとカードが本体から飛び出す形になるから、自ずとRFIDブロックも解除されるという仕組みだ。

普段はスライドを閉めておく。この状態ではRFIDブロックが有効になり、スキミングを防止できる。

PR動画内にもあるが、たとえばバスに乗った時などは極めて有効だろう。片手に犬を抱えた女性が、もう片方の手でRFIDsecurを取り出して決済を済ませている。RFIDsecurは安全性と敏速性を兼ね備えた製品と言えるだろう。

・紙幣や免許証も

RFIDsecurはカード専用ウォレットではあるが、いざとなれば折り畳んだ紙幣も収納できる。免許証や各キャッシュカードを入れておくのもいいだろう。

RFIDsecurはKickstarterで、39ポンド(約5700円)からの出資を受け付けている。配送は来年4月から。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報