海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech あらゆる場所に建設できる、オープンソース型のモジュール式住宅「Petit Place」

Tech

あらゆる場所に建設できる、オープンソース型のモジュール式住宅「Petit Place」

「Petit Place(プチ・プレイス)」は、オランダの建築設計事務所「RoosRos Architects」を中心とする建築家、デザイナー、エンジニア、大工、建築資材メーカーらによって設計・開発されたオープンソース型...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「Petit Place(プチ・プレイス)」は、オランダの建築設計事務所「RoosRos Architects」を中心とする建築家、デザイナー、エンジニア、大工、建築資材メーカーらによって設計・開発されたオープンソース型住宅だ。

・あらゆる場所に建設できるモジュール式住宅


ショットガンハウス形式を採用したモジュール式の「PetitPlace」は、都市部から自然豊かな田園地帯まで、地形や気候を問わず、25平方メートルの極小スペースから、あらゆる場所に建設できるのが特徴。

木材などの持続可能性に配慮した建築材料を用い、断熱性が高く、湿気のこもりにくい、風通しのよい設計となっている。

「Petit Place」の設計データはオープンソースとして提供され、誰でもダウンロードして利用でき、それぞれのニーズに合わせて、長さや幅、高さなどを自由にカスタマイズすることも可能。

設計データをもとに、CNCルーターで木材からパーツを切断し、組み合わせていくという流れだ。

「Petit Place」は、木材や断熱材、窓枠、窓ガラスなども含め、2万5000ユーロ(約321万円)程度の費用で建設できるのも利点だろう。

・オープンソース型住宅の広がり

オープンソース型住宅への取り組みとしては、草の根のオンラインコミュニティ「WikiHouse」のほか、大手家具量販店イケア(IKEA)の専門研究機関「SPACE10」も独自のオープンソース型住宅「Building Blocks」を発表している。

オープンソースの仕組みを住宅に応用し、手ごろなコストで快適な住空間を万人に届けようという試みは、ますます広がりそうだ。(文 松岡由希子)

Petit Place
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報