海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile スマホのレンズ、一体どこまで増える!? LG、レンズ16個搭載のスマホ特許を取得

Mobile

スマホのレンズ、一体どこまで増える!? LG、レンズ16個搭載のスマホ特許を取得

スマホのレンズが16個。これだけ聞くと、一体そんなに必要なの?と首をかしげてしまいそうだが、LGが目指しているのは、単に高品質の写真を撮る、というものではなさそうだ。 LGはレンズ16個搭載のスマホの特許をこのほど取得。...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホのレンズが16個。これだけ聞くと、一体そんなに必要なの?と首をかしげてしまいそうだが、LGが目指しているのは、単に高品質の写真を撮る、というものではなさそうだ。

LGはレンズ16個搭載のスマホの特許をこのほど取得。特許書類から、被写体を16個のレンズでさまざまな角度から撮影し、そのデータをもとに写真に“手を加えられる”というものであることがうかがえる。

・縦横4×4に配置

複数のレンズを持つスマホは今や珍しいものではない。背面デュアルレンズは当たり前になりつつあるし、Huaweiなど中国メーカーはレンズ3つ搭載のタイプをすでに投入している。またレンズ5つ搭載のスマホをNokiaがリリースするという噂もある。

しかし16個というのは、突出した多さだ。特許によると、レンズは縦横4×4に配置される。ただ、この配置、カーブを描くようになっていたり、レンズの向きが微妙に異なったりと、計6つのパターンが示されている。

つまり、デュアルレンズでできる奥行き測定以上の、3D的な被写体測定を可能にするのが目的のよう。もちろん、そうしたデータを使って、写真を編集する機能を提供するとみられる。

・被写体を編集できる

例として特許にはクマのぬいぐるみの図が表示されている。ぬいぐるみを正面から16個のレンズで撮影し、正面を向いていたクマの顔を横向きに編集する、というようなことができるようだ。

こうした技術を搭載したスマホはこれまでになく、高度な操作が手元で簡単にできるのはすごい。しかし、一般ユーザーが使いたいものかどうかというのはまた別問題だろう。

LG 特許
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報