海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Apple WatchがiPod nanoに変身!?ユニークなコンセプトデザインに長年のファンも騒然

Tech

Apple WatchがiPod nanoに変身!?ユニークなコンセプトデザインに長年のファンも騒然

デジタルオーディオプレイヤーの先駆けとして、時代を駆け抜けたiPodシリーズ。販売終了となった今でも、多くのファンを惹きつけてやまない名品だ。 韓国のデザイナー、Joyce Kang氏も、おそらくそんなマニアのひとりなの...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタルオーディオプレイヤーの先駆けとして、時代を駆け抜けたiPodシリーズ。販売終了となった今でも、多くのファンを惹きつけてやまない名品だ。

韓国のデザイナー、Joyce Kang氏も、おそらくそんなマニアのひとりなのだろう。このたび、非常に興味深いコンセプトデザインを発表した。Apple Watchを、iPod nanoに変身させてしまおうというものだ。

・ウォッチのバンドを外して装着

もともとApple Watchには、音楽プレイヤーとしての機能があり、iPhoneのライブラリから、好きな音楽を同期できるようになっている。パソコンやMacを使わず、すぐ楽曲を取り込めるから、ユーザーの手間も省ける。同期された曲は、iPhoneがない環境や、オフライン状態でも再生可能だ。

今回のコンセプトは、そんなApple Watchの特性を、さらに明確にしたものと言えるだろう。それを実現するのは、iPod nanoを彷ふつとさせるケース。Apple Watchのバンドを外して装着すれば、かつてのiPod nanoそっくりの外観になる。タッチスクリーンやワイヤレスホンを用いることで、従来通り、すべての機能を利用できるし、ワイヤレス充電を可能にするセラミックバックも装備してある。オプションのストラップを付ければ、携帯性もグンとアップする。

・商品化はいかに?

現実味にあふれるデザインだが、これはあくまでコンセプト。細かく突き詰めていけば、きちんと設計された図面とは違うことがわかる。クリックホイールそのものは実際には機能しないし、一部のBluetoothトリッキーが実行されない限り、音楽プレイヤーとしての役割は果たせない。

それでも、長年iPodを愛用してきたファンの心をくすぐるには、十分過ぎるほどのアイディアだ。いっそのこと、このまま商品化してほしい。iPod shuffleを未だに手放せない筆者も、切に願うのであった。

souce by THE VERGE
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報