海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 時速1512キロで静かなロッキードの超音速機、2021年に飛行!へ

Tech

時速1512キロで静かなロッキードの超音速機、2021年に飛行!へ

超音速機が再び、空に戻ってくることになった。しかも、静かになって。 米国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンは騒音を抑制した超音速機「X-59」の製造を開始したと発表した。機体は米航空宇宙局(NASA)の衝撃波音の抑...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
超音速機が再び、空に戻ってくることになった。しかも、静かになって。

米国の航空機メーカー、ロッキード・マーティンは騒音を抑制した超音速機「X-59」の製造を開始したと発表した。機体は米航空宇宙局(NASA)の衝撃波音の抑制を研究するプログラムに活用される。

・時速1512キロで飛行

ロッキードによると、製造する機体はフルサイズで開発には3年を見込んでいる。計画通りにいくと、2021年にもフライトを行う見込みだ。

X-59は高度5万5000フィート(約1万7000メートル)を最速マッハ1.27(時速1512キロ)で飛ぶ性能を持つ。

・車のドア程度の音に

開発にあたって最大の焦点は、いかに騒音を抑えるかということ。この点について、ロッキードのデザインでは、地上で聞かれる騒音は車のドアを閉める程度になるという。

ただ、これは実際に飛行させてみなければわからない部分もあり、完成後はエリアを限定して実際に飛行させ、上空と地上での騒音レベルを測定して分析するという。

NASAがこうした研究を実施するのは、もちろん超音速機の一般利用を想定してのことだ。超音速機としてはかつてコンコルドがあったが、騒音が大きな課題の一つだった。NASAのプログラムで騒音の大幅抑制が認められれば、陸地上空の飛行が認められる可能性があり、民間航空機としての利用に道が開かれることになる。

NASA
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報