海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech iPhoneのマルウェア対策を考慮したカメラカバー付き保護ケース「SpyBye」

Tech

iPhoneのマルウェア対策を考慮したカメラカバー付き保護ケース「SpyBye」

iPhoneが誰かに乗っ取られて遠隔操作される、ということは実際には考えづらい。だが、それでも用心に越したことはない。万一の事態を考えて日頃から備えておくのもいいかもしれない。 この記事では「SpyBye」という製品を紹...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhoneが誰かに乗っ取られて遠隔操作される、ということは実際には考えづらい。だが、それでも用心に越したことはない。万一の事態を考えて日頃から備えておくのもいいかもしれない。

この記事では「SpyBye」という製品を紹介しよう。いざという時に備え、iPhoneのカメラを物理的に塞いでしまうガジェットだ。

・スライド式カバーでレンズを隠す

ここでは、iPhoneがマルウェアの侵入を許し、乗っ取られてしまったと仮定しよう。

もしそうなったら、日常のあらゆる場面が誰かに監視されてしまう。特に深刻なのはカメラだ。遠隔でビデオ撮影されたら、いろいろ怖いことがありそうだ。

だからSpyByeでカメラのレンズに覆いをかけてしまう。SpyByeは単純なスライド式レンズカバーのついた保護ケース。普段はカバーでレンズの隠し、必要な時にだけカメラを利用するという仕組みだ。

製品の機能としてはこれだけであるが、SpyByeを日常的に使えばマルウェアを装う詐欺にも騙されることはない。「あなたの顏は撮影した。拡散されたくなければいくら払え」というものだ。

ありとあらゆるところにカメラがある現代だが、その対策として物理的な手段を用いているSpyBye。しかしそれは、極めて確実な方法でもある。

・最新iPhoneにも対応予定

SpyByeは現在、iPhone7及び8に対応したラインナップを用意している。iPhoneの他のバージョンやAndroid端末への対応はこれからになるという。また、マイクにもカメラカバーと同様の仕組みのものを設ける予定であるそうだ。

SpyByeはクラウドファンディング「Kickstarter」で19ユーロ(約2450円)から。

Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報