海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech スマホと連動する「距離測定器」、データのワイヤレス送信・保存も可能

Tech

スマホと連動する「距離測定器」、データのワイヤレス送信・保存も可能

寸法や距離を測るのにテープタイプのメジャーを使っている人も多いだろう。大工やインテリア関係の職業の人、あるいは日曜大工などでメジャーを頻繁に使う人にちょっとした耳より情報だ。道具にもIT化の波が押し寄せていて、すでにレー...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
BOSCH寸法や距離を測るのにテープタイプのメジャーを使っている人も多いだろう。大工やインテリア関係の職業の人、あるいは日曜大工などでメジャーを頻繁に使う人にちょっとした耳より情報だ。道具にもIT化の波が押し寄せていて、すでにレーザー距離計が販売されているが、このほどさらに一歩進んだ距離計が発売された。ドイツの電動工具メーカー「BOSCH」から出た、スマートフォンと連動するレーザー距離計だ。測定した寸法をスマホに送って保存でき、専用アプリで画像に寸法データを取り込むこともできる。

商品名は「GLM 100 C Professional」。AndroidとiOSの端末に対応している。専用のアプリ(GLM measure&document)をダウンロードした端末とBluetoothでシンクさせると、計測したデータをワイヤレスで端末に送ることができる。測定したデータは名前やコメントを付けてアプリ内に保存できるほか、画像に計測データを重ねることもできる。例えば、部屋などの空間写真に幅、高さ、奥行きといったデータを載せることができるので、設計やレイアウトをより具体化し、顧客とメールなどでシェアしたりすることも可能になる。

長さだけでなく、面積や容積、角度などの測定にも対応している。加えて、傾斜センサーを内蔵しているので、使用するときに正確な値を得るために必ずしも測定計を真っすぐにしなくてもよいという点も使い勝手がいい。価格は300ドル。BOSCHのオンラインショップや、主な小売店で販売されている。

BOSCH
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報