海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 視覚障がい者向けの文字を読み取るウェアラブルデバイス、MITが開発中

Tech

視覚障がい者向けの文字を読み取るウェアラブルデバイス、MITが開発中

視覚障がい者が情報を得る手段として点字がある。指でなぞってそこに何が書かれているのかを読み取ることができるというものだが、残念ながら点字に対応している印刷物はそう多くない。 そこで、指輪のようにつけて印刷された文字を読み...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
視覚障がい者が情報を得る手段として点字がある。指でなぞってそこに何が書かれているのかを読み取ることができるというものだが、残念ながら点字に対応している印刷物はそう多くない。

そこで、指輪のようにつけて印刷された文字を読み取るデバイスをマサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームが開発した。

・リアルタイムに音声に

Fingerreaderと呼ばれるカメラ搭載のこのウェアラブルデバイスは、スマホやラップトップPCに接続させて使う。指の動きを制限せずに使える小型タイプだ。

使用法はシンプルで、指輪のようにつけたFingerreaderを印刷物に向けると、カメラがその文字を拾い、その情報をリアルタイムに音声変換するというもの。

・文字列を外れると振動

このシステムではフォント12ポイント以上に対応し、現在のところ英語などいくつかの言語に対応しているとのこと。食品や日用品などのパッケージ、手紙、広告なども読み取る。

同じような機能はスマホのアプリでもあるが、Fingerreaderの場合、ウェアラブルなのでかなり使い勝手がいい。また、カメラが文字列を外れたりすると装着者に振動でお知らせする機能も付いている。

現在、このFingerreaderはプロトタイプの段階で、今後は出資者を探しつつ、視覚障がい者が入手しやすい価格での販売を目指すという。

Fingerreader
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報