海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech スペインSEAT、初の電動キックスクーターを間もなく発売

Tech

スペインSEAT、初の電動キックスクーターを間もなく発売

スペインの自動車メーカーSEAT(セアト)が、アーバンモビリティとして電動キックスクーター「eXS」を発表した。 米国で始まった電動キックスクーター人気の波はいま欧州にも届いていて、SEATはその需要をeXSで開拓してい...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スペインの自動車メーカーSEAT(セアト)が、アーバンモビリティとして電動キックスクーター「eXS」を発表した。

米国で始まった電動キックスクーター人気の波はいま欧州にも届いていて、SEATはその需要をeXSで開拓していく。

・Segwayと提携

環境に優しく、そして小回りのきく電動キックスクーターがアーバンモビリティとしての存在感を高めつつあり、そこに車ライドシェアのUberやLyftなども目をつけ、最近サービスを展開し始めた。SEATの取り組みも、こうした流れに沿ったものだ。

SEATの場合、eXS 開発ではSegwayの技術協力を仰いでいる。業務提携を結び、基本的にはSEATがデザインを、技術的な部分をSegwayが担当した。

・まずは欧州で販売

eXSのスペックはというと、ホイールは直径8インチで、最高スピードは時速25キロ。前後にLEDライトが付いていたり、フロント部分のLCDスクリーンでバッテリー残量やスピードを確認できたりといったデザインは車メーカーならではだろう。Bluetoothでスマホと連携させることもできる。

SEATはこのスクーターを来月、まずはスペイン、フランス、ドイツ、オーストリア、スイス、ポルトガルで発売し、2019年にその他の欧州各国で展開していく計画。価格は599ユーロ(約7万7000円)。

他の車メーカーもいまアーバンモビリティに目を向けていて、キックスクーターではないがゼネラル・モーターズは先日、自社ブランドの電動アシスト自転車の開発を明らかにしたばかり。今後もこうした動きは出てきそうだ。

SEAT
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報