海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech トヨタ、世界初の水素バーナーを導入!工場でのCO2排出を抑制!

Tech

トヨタ、世界初の水素バーナーを導入!工場でのCO2排出を抑制!

トヨタ自動車は、工業用としては世界初となる水素バーナーを開発し、愛知県豊田市にある工場の鋳造ラインに導入したと発表した。 現在使われている大型都市ガスバーナーを水素バーナーに置き換えることで、工場でのCO2排出を抑制する...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車は、工業用としては世界初となる水素バーナーを開発し、愛知県豊田市にある工場の鋳造ラインに導入したと発表した。

現在使われている大型都市ガスバーナーを水素バーナーに置き換えることで、工場でのCO2排出を抑制することができる。他工場でも順次置き換えを進める計画だ。

・中外炉工業が協力

これまで、水素バーナーの実用化は困難とされてきた。というのも、激しく水素が燃焼することでかなり高温になるためにハンドルが難しく、加えて窒素酸化物(NOx)を多く発生させるからだ。環境に優しいバーナーを作ろうとして環境負荷物質のNOxが増えるようでは元も子もない。

しかしトヨタは、中外炉工業の協力のもと、酸素と水素が完全に混合しない構造にすることで火炎温度が上がりすぎないようにすることに成功した。これだとCO2排出ゼロに加え、NOx発生も大幅に低減させることができるのだという。

・環境負荷軽減へ

最近は、多くの企業が再生エネルギーを積極的に活用するなど、産業活動に伴う環境への負荷を減らす取り組みを進めている。トヨタも「工場CO2ゼロチャレンジ」を掲げていて、この水素バーナーもそうした活動の一環となる。

現在、トヨタの日本国内の工場では1000台以上の大型都市ガスバーナーが使われているが、これらを順次水素バーナーへと置き換えていく方針だ。

トヨタ自動車
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報