海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 時速96キロで走行! 電動スクーター「Zapp」はデザインも斬新

Tech

時速96キロで走行! 電動スクーター「Zapp」はデザインも斬新

これからの時代はスクーターも電動でなきゃ。そして、できるなら街ゆく人の注目を集めるようなおしゃれなものがいい−。 そんな要望にぴったりの電動スクーター「i300」の予約受付が始まった。シートの下が空間になっているなど、斬...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
これからの時代はスクーターも電動でなきゃ。そして、できるなら街ゆく人の注目を集めるようなおしゃれなものがいい−。

そんな要望にぴったりの電動スクーター「i300」の予約受付が始まった。シートの下が空間になっているなど、斬新なデザインが特徴だ。

・ユニオンジャック柄も

英国のスタートアップZappが開発したi300は、これまでのスクーターのデザイン概念を変えるものだ。

通常であれば、シートの下にはヘルメットやちょっとした荷物を収納できるスペースがあるもの。しかしZappにはない。「く」の字をやや横にした感じの目を引くデザインで、そしてカゴや荷台などもなく、全体的にすっきりとしている。

また、オプションでカラーを選べ、中にはユニオンジャック柄もあるなど遊び心もみられる。

・航続距離は短め

一方、Zappはパワフルなのも特徴。出力14kW、最大トルク587Nmで、時速48キロに到達するまでわずか2.35秒しかかからない。最高スピードは時速96キロだ。

ただし、航続距離はエコモードで60キロと短め。通勤に使ってオフィスでバッテリー充電、というような使い方を想定しているようだ。

気になる価格はというと、5250英ポンド(約78万円)となかなかハイエンド。誰もが気軽に買える設定ではないが、環境とデザイン重視の人には有力な選択肢となりそう。

現在プレオーダーを受け付けていて、来春の納車を予定している。残念ながら現在は英国、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、ドイツからのオーダーのみ対応。こんなスタイリッシュな電動スクーター、日本のメーカーにも期待したい。

Zapp
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報