海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ミシガン州立大学が身長や病気のリスクを予測するDNAツールを開発

Tech

ミシガン州立大学が身長や病気のリスクを予測するDNAツールを開発

ミシガン州立大学が、人の身長や心臓病、ガンといった病気のリスクを予測するDNAツールを開発した。 ・アルゴリズムに基づきリスクを予測 アルゴリズムの技術を取り入れ開発されたこのDNAツールは、人のゲノム情報に基づき、個人...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミシガン州立大学が、人の身長や心臓病、ガンといった病気のリスクを予測するDNAツールを開発した。

・アルゴリズムに基づきリスクを予測

アルゴリズムの技術を取り入れ開発されたこのDNAツールは、人のゲノム情報に基づき、個人の教育のレベルや、心臓病、糖尿病、乳癌などの健康リスクに関連する様々な事象について予測することができるという。研究のデータとして、約50万人の成人英国人の遺伝子を機械学習を用いて解析。骨粗鬆症に関連する骨密度の予測や、学習過程において問題がある患者の特定といった分野で正確な分析を導き出したという。

・疾患リスクの遺伝的構造を明らかに

すでに伝統的な遺伝子検査で、乳癌などの疾患のリスクや人の遺伝子または染色体の異常について事前に調べることが可能といわれているが、 今回の研究では数多くのゲノムの違いを考慮し、数万種類のバリエーションに基づいて予測因子を構築。今後さらにアルゴリズムを改善し、より大規模で多様なデータセットを活用する予定だという。

今回の研究は、医療コスト的な面からも注目を集めている。疾患を予測する検査自体は約50ドル(約5700円)のコストで行うことが可能だが、その検査によって疾患に早期介入できれば数十億ドル(約1140億円)の治療費が節約され、命を救うことにつながるからだ。

Michigan State University
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報