海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise プログラミング学習「paizaラーニング」、日本e-Learning大賞の“日本電子出版協会会長賞”を受賞 初心者から実践的なエンジニアへ

Enterprise

プログラミング学習「paizaラーニング」、日本e-Learning大賞の“日本電子出版協会会長賞”を受賞 初心者から実践的なエンジニアへ

実店舗や教室に出かけなくても、オンライン上で学べるeラーニングという手法も、今やすっかり身近な存在になった。時間や場所を選ばず、自分のペースで学べる気軽さが魅力だ。 エンジニアの転職サイト「paiza」などを運営するギノ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
実店舗や教室に出かけなくても、オンライン上で学べるeラーニングという手法も、今やすっかり身近な存在になった。時間や場所を選ばず、自分のペースで学べる気軽さが魅力だ。

エンジニアの転職サイト「paiza」などを運営するギノ株式会社は、「paiza」にて提供している「paizaラーニング」が、第15回日本e-Learning大賞の“日本電子出版協会会長賞”を受賞したと発表した。

ギノは元々、新規事業の創出・育成を行うエムアウトから新規事業会社として誕生した。エムアウトには現在、ギノを含めユーザー視点で創出された3社が傘下にある。

・初心者からプログラミングを学べる「paizaラーニング」

「paiza」は、『日本のIT/Webエンジニアを世界レベルに引き上げる』ことをミッションに、IT/Webエンジニアに特化した求職・学習サイト。そのサイト内にある「paizaラーニング」は、プログラミング未経験者や初心者が手軽にプログラミング言語(Java,PHP,Python,Ruby,C#,JavaScriptなど)やWebサービス構築を学習できるサービスだ。800本以上の学習動画を公開しており、総受講数は250万回(動画数、総受講数は2018年10月末現在)を突破。

ユニークなのが、特殊なパソコンの環境設定やサーバーの用意などが不要で、ブラウザでサイトにアクセスするだけでプログラミング学習がスタートできる点だ。

学習内容は「paiza」の転職・就職サービスで得られた『現場で本当に求められるスキル』を元にした、実務ベースのカリキュラムになっている。

さらに、求職サービス「paiza転職」「paiza新卒」といったサービスとも連携しており、「paizaラーニング」を使ってスキルアップすれば、企業からスカウトも届くようになるという。

また最近では、東京工科大学との産学連携などを筆頭に、教育機関や企業でプログラミング教育に利用されている。

・4つのメリットとは

【paizaラーニングを使う4つのメリット】

(1)環境構築不要、5秒で学習を開始できる!
これまで、プログラミングを始める初心者にとって最大のハードルだったのが、丸1~2日かかる『プログラミング実行環境構築を構築すること』。paizaラーニングでは環境構築不要、ブラウザ上でプログラミング言語を実行できるので、誰でもすぐに学習を始められる。

(2)3分動画で、毎日続けられる!
動画レッスンを見て、その場でレッスン内容をプログラミングすることで理解を深め、その後に練習問題を解いて応用力を鍛える。1本3分程度という短い動画なので、毎日無理なく続けられる。学習動画は現在計800本以上を(2018年11月時点)公開中。

(3)わからないところはプロのエンジニアに質問できるから安心!
わからない点は同社エンジニアに質問をして、アドバイスをもらえる。

(4)100万回実施のスキル評価システムに基づいたカリキュラム
paizaが就職・転職サービスで展開する、現役エンジニアやエンジニア志望の学生が延べ100万回受験したプログラミングスキル評価システムのデータと、paiza掲載の1000社以上の求人票を元にカリキュラムを作成。企業が本当に求めるスキルをもとに組み立てられた、エンジニアを目指す人のための学習内容となっている。

・ギノ代表の片山氏がeラーニングアワード2018にて登壇

◆日本e-Learning大賞、およびeラーニングアワード2018について

「第15回日本e-Learning大賞」(日本工業新聞社、および一般社団法人e-Learning Initiative Japan主催)は、企業・学校・自治体などにおけるeラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリューションの中から特に優れたものを選出するアワード。教育をテーマにした賞として、経済産業省、文部科学省、厚生労働省、総務省の4つの大臣賞がある。

また、「eラーニングアワード」はeラーニング業界を盛り立てるイベントとして2011年より開催されているもので、日本e-Learning大賞の表彰式のほか、講演や展示ブースの出展などがあり、2018年度は11月14日~16日の3日間、御茶ノ水ソラシティにて開催される。

「paizaラーニング」の日本電子出版協会会長賞選出を受け、「eラーニングアワード2018フォーラム」にて、ギノの代表取締役・片山良平氏が受賞者記念講演に登壇する。

講演テーマ:プログラミング教育・研修で挫折させないための3つのポイント
講演日時:2018年11月15日 17:10~17:45
会場:ソラシティカンファレンスセンター レセプションホール
(eラーニングアワード2018フォーラム内の講演として開催)
講演情報:http://www.elearningawards.jp/program2detail.html#132
※事前に申し込みすると無料。

「日本e-Learning大賞」の各賞はこちら
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000004142.html

初心者から実践的なエンジニアを目指せる「paizaラーニング」。受賞経歴という折り紙つきのクオリティなので安心して利用できそうだ。関心がある人は詳細をチェックしてほしい。

paiza(パイザ)
paizaラーニング
ギノ株式会社
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報