海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing 【interview】女性の起業をスタンダードに!10年で100名の女性事業家を創るRealiser流のインキュベーションシステムの全貌に迫る

Marketing

【interview】女性の起業をスタンダードに!10年で100名の女性事業家を創るRealiser流のインキュベーションシステムの全貌に迫る

将来インフルエンサーとして活躍したい、おしゃれなアパレルショップを開きたい…。そんな夢を抱く女性もいることだろう。今回取り上げるRealiserは、好きなことを活かして目標達成することを支援する会社だ。代表の...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
将来インフルエンサーとして活躍したい、おしゃれなアパレルショップを開きたい...。そんな夢を抱く女性もいることだろう。今回取り上げるRealiserは、好きなことを活かして目標達成することを支援する会社だ。代表の大引氏に100名の女性事業家を輩出する構想や女性に特化したインキュベーション事業について伺った。

女性の夢を事業化する

Q1.Realiserが提供するサービスについて教えて下さい。
「Realiser(リアリジィー)」とは「自己実現」という意味があります。私たちは、若者や女性が誰にも負けないような自分の「好き」なことを活かして目標を実現し夢を叶えていくような会社を目指しています。まずは「好き」を少しでも副業として「小さなお金」に変えるために、BtoBでインフルエンサーマーケティング事業を主軸に展開しています。弊社にはインスタグラマーが約1500名所属し、ファッション・コスメ・美容・健康食品・エンタメ・ITサービスなど様々な女性向け消費財メーカーのSNSを活用したPRマーケティングに携わり、その広告費としてインフルエンサーへ報酬を支払っています。

そのネクストステップとして、今度は「好き」を本業として「大きなお金」に変えてもらいたいというがRealiserのビジョンです。そこで100名の女性事業家の輩出を目指す「立ち上がれ、女の子!プロジェクト」がスタートしました。100万円の出資金のもと、「好き」に対するこだわりや熱量を全力で体現し、夢を事業化する企画です。そのために最近では「Rハウス(Realiser House =自己実現するための場)」というリアルなガールズインキュベーション事業にも力を入れています。
Q2.Realiserを立ち上げた理由は何でしょうか。
一言で、若い女性の夢を叶えたかったからです。誰しもが子供の頃に描いた大きな夢があると思います。でも何らかの制約条件でその夢を諦めるのはすごくもったいない。だったらその制約条件をRealiserがとっぱらえばよいと素直に思ったのがきっかけです。そこで、私自身が学生時代にインスタグラマーとして活動していた経験と、女性向けキュレーションメディアや動画マガジンで働いていたノウハウを活かし、インフルエンサーを軸に事業展開するRealiserを創りました。ビジネスの世界では「若い」とか「かわいい」とかで対等に話してもらえないなどもありますが、私は若者や女性の持つポテンシャルは非常に高く、大いなる可能性を秘めていると信じています。

女性の「好き」を集めたRハウスによって産出されるスモールビジネス

Q3.10年で100人の女性事業家を輩出するエコシステムの構想を教えて下さい。
10年で100億円を生むスタートアップではなく、1年で1000万円を生むスモールビジネスを産出します。ビジネスはプロでなくても、自分の好きなことへの熱量や知識が豊富でプロフェッショナルな人に対して投資します。事業カテゴリは、まずはアパレルやビューティーサロンなど多くの女性が夢として描いているような領域に絞り、「Rハウス」という一つの大きな箱の中で事業を展開していきます。

同じスキームの中でそれぞれの人が個性を発揮し付加価値を加え、関連性のある事業をどんどん立ち上げていきます。事例としては、2018年4月にインフルエンサー「ひこ乃」を社長とする子会社第1号「株式会社Linoa(リノア)」を創業し、フォトジェニックイベント企画運営やアパレルブランド「Millea byh(ミレアバイエイチ)」を行なっています。Linoaが約半年で目標を達成したので、2018年12月頃にヨガインストラクター兼インフルエンサーや美容師兼インフルエンサーなどと共にトータルビューティーサロンを代官山にオープン予定です。
Q4.インスタグラマーを起用したRハウスなどのインキュベーション施策はどのようなものなのでしょうか。
Rハウスは自己実現するためのインキュベーション施設であり、リアルコミュティでもあります。ミレニアル世代の女性をターゲットにした事業を広めていくのに、インスタグラマーの力は必須です。Realiserはバズらせることが強みの会社なので、そこを活かしてRハウスのマーケティングをしていきたいと思います。「立ち上がれ、女の子!プロジェクト」でスタートした事業に対しても、もちろんSNS運用のノウハウやインフルエンサーリソースを共有し、事業拡大を図ります。

事例としては、「Instagrammer Market by Rハウス」というインスタグラマーがプロデュースしているアパレルブランドを一拠点に集結させたポップアップ事業を、5月にラフォーレ原宿にて、8月に福岡天神コアにて、9月に西武渋谷店にて実施し、話題を生みました。SNSを活用したオンラインでのブランド認知施策と、リアルな場を活用したオフラインでの世界観や価値の体験施策を組み合わせることで、ユーザーのエンゲージメントを深くし充実度を高めます。
Q5.最後に今後の展望について教えて下さい。
Rハウスや立ち上がれ女の子プロジェクトでは、企業とのタイアップやコラボレーションも可能だと判断しています。Rハウス代官山[トータルビューティーサロン]にてまずはいくつかの美容商材とお取り組み予定ですが、それが上手くワークすれば、一年後に立ち上げ予定のビューティー以外のコンテンツも視野に入れています。様々な企業やサービスとコラボレーションし、業界を盛り上げていきたいと思います。
女性事業家を100人輩出するという高い視座を持つRealiser。ガールズインキュベーション事業の今後の展開に注目だ。
株式会社Realiser
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報