海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 体感温度をダイレクトに調節する“ブレスレット”が開発中 冷暖房費の削減に寄与

Start Up

体感温度をダイレクトに調節する“ブレスレット”が開発中 冷暖房費の削減に寄与

11月に入ってぐっと気温が下がり、寒さが増してきた。こんな寒いときには、ヒーターをつけて温まりたいと思うだろうが、逆に真夏の暑い日には冷房で涼みたくなる。当然、エアコンを稼動させればさせるほど、電気代に跳ね返ってくる。M...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Wristify11月に入ってぐっと気温が下がり、寒さが増してきた。こんな寒いときには、ヒーターをつけて温まりたいと思うだろうが、逆に真夏の暑い日には冷房で涼みたくなる。当然、エアコンを稼動させればさせるほど、電気代に跳ね返ってくる。Massachusetts Institute of Technologyの学生たちがチームを組んで開発に取り組み、学内の“Making and Designing Materials Engineering Competition(MADMEC)”という定例のコンペティションに出品し、最優秀賞を受賞したのが「Wristify」というウェアラブルツールである。

彼らの調査によると、アメリカ国内の電力消費のうち、およそ16.5%が建物や家庭内の冷暖房費として使用されているという。この大きな電力消費を減らすことはできないかと考え着目したのが、建物全体を暖めたり冷やしたりするのではなく、人体にダイレクトに作用させる方法だ。人間の体は、周りの環境の温度よりも、皮膚が体感する温度に反応する。そこでチームが考案したのが、手首に装着する“熱電性”ブレスレットだ。ブレスレットには、空気中の温度と、肌の温度を検知するセンサーが搭載されており、ソフトウェアがパルスをコントロールして、手首を温める、あるいは冷やすという指令の切り替えを自由におこなうことができる。

「Wristify」は現在プロトタイプが制作されているが、リチウムポリマー電池は8時間連続使用できるという。チームとしては近い将来、製品として世に送り出すことを目標としている。建物全体の温度を管理するのではなく、人間の体にダイレクトに作用させることで、光熱費にかかる費用を大幅に削減できるようになるかもしれない。

Wristify
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報