海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise GoogleとiRobotがスマートホーム事業で提携!ルンバの空間マッピングデータを活用したプランを発表

Enterprise

GoogleとiRobotがスマートホーム事業で提携!ルンバの空間マッピングデータを活用したプランを発表

米国時間10月31日、ロボット掃除機の開発・製造を手がけるiRobotが、スマートハウス事業展開に向けて、Googleと提携すると発表。最新モデル「Roomba i7+」(日本未発売)で収集する、空間マッピングデータを活...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国時間10月31日、ロボット掃除機の開発・製造を手がけるiRobotが、スマートハウス事業展開に向けて、Googleと提携すると発表。最新モデル「Roomba i7+」(日本未発売)で収集する、空間マッピングデータを活用したプランで、より細やかな家庭環境の整備をめざす。

・Googleアシスタントと統合し、音声でコマンドを出す

「Roomba i7+」には、センサーで収集したオドメトリデータと低解像度カメラの画像を組み合わせて、掃除したい家屋の間取り図を生成する、“Imprint Smart Mapping”機能が搭載されている。集めたマップを使用して、クリーニングスケジュールをカスタマイズしたり、掃除したい部屋を設定することもできる。

この機能をGoogleアシスタントと統合し、「OK Google、ルンバにキッチンの清掃を教えて」など、口頭でコマンドを伝えられるようにするという。

・他のスマートホームデバイスとの連携も可能

マッピングデータは、他のスマートホームデバイスでも活用可能だ。例えば、Wi-Fi接続された照明の操作。オンオフはもちろん、顧客の寝室や台所などの照明に、名前と場所を自動で割り当てることもできる。

今回の提携目的は、未来に向けたスマートホーム技術の向上。iRobotが集めた独自のデータセットの活用によって、スマートハウスをより高度に、使いやすくしていきたい、と両社は願っている。

souce by THE VERGE
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報