海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media 手書き派のあなたに。手書きの絵やメモを、電子データとして残せるサービス

Social Media

手書き派のあなたに。手書きの絵やメモを、電子データとして残せるサービス

時代が変わり、どんなに便利な電子ツールが出現したとしても、思いついたアイデアをメモに取ったり、手書きのイラストや図を残しておきたいという人もいるだろう。電子データ化して保管しようと思った場合、スキャンする必要があるが、手...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Draft時代が変わり、どんなに便利な電子ツールが出現したとしても、思いついたアイデアをメモに取ったり、手書きのイラストや図を残しておきたいという人もいるだろう。電子データ化して保管しようと思った場合、スキャンする必要があるが、手書きの作品が大量にある場合など、膨大な時間と手間がかかってしまう。

そんな問題を解決してくれるサービスが「Draft」である。ノートに書かれた手書きデータを電子化してクラウド上に保管でき、データの検索も可能だ。ユーザーには毎月、「Draft」から専用のノートが送られてくる。ノートは、黒、青、赤など5カラーから選択でき、ページのレイアウトも“罫線”“点罫線”“無地”のタイプから選べるようになっている。このノートはハードカバーのしっかりとした作りになっていて、現在はiPad mini程度の大きさのものしかないが、今後、イラストを描くのに適したスケッチブックくらいの大きさや、メモ書き用のポケットサイズタイプなども検討しているという。Draft2

1ヶ月の間にイラストやアイデアなどでいっぱいになったノートは、料金前払いの郵便で「Draft」に送付すると、5営業日以内にページがスキャンされた後、クラウドに電子データがアップされる。ノートはリサイクルに出されて、ユーザーにはバックされないが、スキャンデータはEvernote、Dropboxと同期させられ、いつでも利用できるようになる。

資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中で、早期購入者向けの3ヶ月パッケージプランや、定期購入を希望しない人向けの、単品のノート販売などもおこなっているという。予定では、来年2月に提供を開始する。仕事や個人用に使うだけでなく、子どもが描いた絵などを保存し、家族の記録として残すような使い方も考えられそうだ。

Draft
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報