海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech フィルムカメラ風! ライカの新商品「M10-D」はレンジファインダー

Tech

フィルムカメラ風! ライカの新商品「M10-D」はレンジファインダー

ノスタルジックな外観ながら、きちんと現代的な機能を備えたカメラがライカから発売された。デジタルレンジファインダーカメラ「M10-D」だ。 スクリーンはなし。その代わり、Wi-Fiで接続させたスマホで撮影した写真をレビュー...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ノスタルジックな外観ながら、きちんと現代的な機能を備えたカメラがライカから発売された。デジタルレンジファインダーカメラ「M10-D」だ。

スクリーンはなし。その代わり、Wi-Fiで接続させたスマホで撮影した写真をレビューしたりするようになっている。

・これから流行る?

Techableでは先日、フランスのスタートアップの「Pixii」を紹介した。こちらもデジタルレンジファインダーで、スクリーンなし、スマホと接続するという、M10-Dと同じタイプだ。

カメラの主流ブランドであるライカが出すあたりをみると、このタイプがこれから流行るのだろうか。いずれにせよ、レンジファインダーファンには嬉しい選択肢となる。

・フィルム巻き上げレバー!

M10-Dの外観はかなりクラシックだ。ダイヤルでISOやシャッタースピードを設定でき、フィルム巻き上げのレバーがサムグリップとしてついているのはフィルム世代には懐かしく、またデジタル世代には新鮮に映るかもしれない。

スペックはというと、ISO感度は100~50000、シャッタースピードはオート、バルブ、4000/1秒〜8秒となっている。

M10-DはWi-Fi機能を内蔵し、スマホと連携する。専用アプリLeica FOTOSがあり、ここで撮影した写真のホワイトバランスを調整したり、ファイルのフォーマットを選んだり(DNG、JPG)といったことができる。ちなみに、このアプリはシャッターリモコンとしても使える。

クラシックカメラ、デジカメのいいとこ取りをしたと言えるM10-Dだが、やはりライカ、価格は7995ドル(約90万円)。簡単に手を出せる設定ではないが、コアなファンには魅力的な1台となりそうだ。

Leica
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報