海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ブレーカーに取り付けるだけ! 家の電気使用量をまとめてチェックできるガジェット

Start Up

ブレーカーに取り付けるだけ! 家の電気使用量をまとめてチェックできるガジェット

省エネタイプ家電の増加に表されるように、節電は環境にも懐にも優しいことから世の中のトレンドになりつつある。そしてこのほどカナダで登場したのは、家電をまとめて監視して賢い電気の使用を指南してくれるガジェット「Neurio」...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Neurio省エネタイプ家電の増加に表されるように、節電は環境にも懐にも優しいことから世の中のトレンドになりつつある。そしてこのほどカナダで登場したのは、家電をまとめて監視して賢い電気の使用を指南してくれるガジェット「Neurio」だ。家電ひとつひとつにセンサーを取り付けるのではなく、ブレーカーのパネルに取り付けるだけで家電の電気使用量がアプリでモニターできる。

照明や空調などネットにつなげてコントロールできる家電が最近増えてきているものの、Neurioでは昔ながらのボタン操作の家電も監視できるのが売りだ。Neurioの大きさは10.6センチ×6.6センチで厚さ3.1センチ。ブレーカー近くに設置して、ブレーカーと2本のケーブルでつなぐと、NeurioはWi-Fiで通信して電気の使用量や変動などのデータをクラウド経由で端末に送ってくれる。

全ての家電ひとつひとつの電気使用量を特定できるわけではないが、使用量の大きい家電―例えば、洗濯機、冷蔵庫、オーブンなど―は特定できるという。そして衣類乾燥機などが稼働したままの時は端末にアラートを送るような設定ができるので節電に役立てることができる。また、リビング、浴室、キッチンといった部屋ごとの電気使用量が把握できるので、アプリでどの部屋の電気使用量が大きいかをチェックし不要な家電の電源を切るなどして節電するという使い方も提案している。

開発したカナダのスタートアップ「Energy Aware」はブリティッシュコロンビア大学の学生が2005年に設立した。CEOによると、ベータ版を利用したユーザーの中には電気代を44%も減らした例もあったという。北米と日本ではブレーカーの仕組みなどが異なり、日本でそのまま使用するわけにはいかないが、アイデアそのものは参考になりそうだ。

Neurio
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報