海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 紛失を防ぐトラッキング機能付き!スマホケースにも収納できるワイヤレスイヤホン「SoundFlow」

Tech

紛失を防ぐトラッキング機能付き!スマホケースにも収納できるワイヤレスイヤホン「SoundFlow」

ワイヤレスイヤホンが「ワイヤレス」である限り、常に紛失の危険がつきまとう。片方でも失くしてしまったら、そのイヤホンはもう使えない。 だが、「SoundFlow」は紛失の可能性を前提に開発された製品である。イヤホンを失くさ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワイヤレスイヤホンが「ワイヤレス」である限り、常に紛失の危険がつきまとう。片方でも失くしてしまったら、そのイヤホンはもう使えない。

だが、「SoundFlow」は紛失の可能性を前提に開発された製品である。イヤホンを失くさないようにするには、ということを考え抜いた一品だ。

・トラッキング機能搭載!

SoundFlowは3つの部位で構成されている。イヤホンとそれを収納するパワードック、そしてスマホケースである。

このスマホケースの上部にイヤホンを組み込むことができ、それにより携帯性を向上させている。ケースの対応ラインナップ機種はiPhone6~8、iPhoneⅩとⅩS、Google Pixel2とPixel3、そしてSamsung S8、S9、Samsung Note8~9と、かなり幅広い。

SoundFlowのスマホケースには内蔵電池が組み込まれていて、ここからイヤホンに給電することももちろん可能である。イヤホン単体の連続稼働時間は最大8時間。パワードッグで給電する場合、最大50時間のプレイが望める。

また、SoundFlowの専用アプリではイヤホンの位置トラッキングができるそうだ。クラウドファンディング「Indiegogo」内のページでは、1000フィート(約305m)の距離からでも位置を割り出せると記載されている。ただ、別の箇所では対応レンジが1500フィート(約457m)とあり、このあたりの表記揺れが気になるところではある。

スマホケースへの充電はUSB-Cケーブルを使うか、ワイヤレス充電パットに乗せる。Qiワイヤレスチャージング規格を有しているという点は非常にありがたい。

・強靭な設計

SoundFlowのスマホケースは、高所からアスファルトに叩きつけてもビクともしない。これはPR動画で確認できる。IP56の防塵防水規格も有している。耳の窪みにフィットした形状で、ちょっとやそっとの揺れでは落下する様子すら見せない。

なお、この製品の開発者は恐ろしく身のこなしの軽い人物だ。そのあたりもぜひ動画で確認していただきたい。

SoundFlowはIndiegogoで129ドル(約1万4500円・スマホケース、パワードックが含まれる場合)の出資枠を設けている。

Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報