海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up アップル・テスラの元エンジニアが設立!ロボットアパート開発のスタートアップBumblebee Spacesが始動

Start Up

アップル・テスラの元エンジニアが設立!ロボットアパート開発のスタートアップBumblebee Spacesが始動

アップル社やテスラで、エンジニアとしてキャリアを積んだSankarshan Murthy氏を中心に、2017年に設立されたBumblebee Spaces。有名資本家も注目する、気鋭のスタートアップだ。 ・AIの力で狭い...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
アップル社やテスラで、エンジニアとしてキャリアを積んだSankarshan Murthy氏を中心に、2017年に設立されたBumblebee Spaces。有名資本家も注目する、気鋭のスタートアップだ。

・AIの力で狭い部屋を広く利用

同社が現在手がけているのは、ロボットアパートシステム「Bumblebee Spaces」。スマート・ロボットとAIスタックを使って、家具を天井に保管できる仕組みを作り上げた。

「Bumblebee Spaces」の目的は、狭い部屋を広く使うことにある。そこで目を付けたのが、天井や壁といった3次元の空間。クローゼットやベッドなど、場所を取りがちなツールは、ここにしまっておけばいい。

・保管と管理は手持ちの端末で

管理と検索は、デジタル端末にお任せ。ディープラーニングによって、アイテムはすべて分類・カタログ化される。どこに何を入れたか、もう迷うことはない。タップ1つで、クローゼットがするすると、天井から降りてくるのだ。モジュールシステムで、任意の場所に素早くフィット。ライフスタイルに合わせて、レイアウトを変更することも可能だ。

目標は、2019年末までに、数百台のユニットを製造すること。価格は、フルベッドルームセットで6000〜1万ドル(約68万~113万円)。しかし、これはあくまで開発段階での予想。正式な市場価格は、来年発表される予定だ。

Bumblebee Spaces
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報