海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up Wi-Fiがくまなく行き届くようになるブースター「PowerCube」が便利そう

Start Up

Wi-Fiがくまなく行き届くようになるブースター「PowerCube」が便利そう

家の中、あるいはオフィスでWi-Fiを活用している人は多いだろう。どこでもワイヤレスでインターネットにつながるのは便利だ。 しかし、壁の向こう、部屋の隅に行くとWi-Fiが届きにくい、というのはよくあること。今回紹介する...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
家の中、あるいはオフィスでWi-Fiを活用している人は多いだろう。どこでもワイヤレスでインターネットにつながるのは便利だ。

しかし、壁の向こう、部屋の隅に行くとWi-Fiが届きにくい、というのはよくあること。今回紹介する「PowerCube」は、そうしたWi-Fiデッドゾーンをなくすためのブースターだ。

・ソケットにさすだけ

PowerCubeは使用しているWi-Fiルーターに接続させて、Wi-Fiシグナルを拡張させるためのもの。使い方はシンプルで、ルーターにコネクトさせ、あとは好きな場所の電源ソケットにさしてオンにするだけ。

ルーターとはワイヤレスまたはケーブル(長さ152センチ)でつなぐことができる。なので、ルーターを1階に、PowerCubeを2階にといったような配置をすることで、あらゆるところで快適にWi-Fiが使えるようになる。

・小型で場所取らず

Wi-Fiブースターそのものは珍しいものではないが、PowerCubeのポイントは7.1センチの立方体と小型であること、それからPowerCubeに4つのソケットを備えていることだ。

PowerCubeそのものを壁などのソケットにさすと、そのポイントのソケットは使えなくなる。しかし、PowerCubeについているソケットがあるので不便を回避できる。

PowerCubeは現在クラウドファンディングサイトKickastarterで資金調達中。今なら出資額は25ドル(約2800円)〜となっていて、11月18日まで出資を受け付ける。目標額を達成した場合、来年3月に発送される見込みだ。

PowerCube/Kickastarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報