海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech イーロン・マスクのLAトンネル、12月11日に一般公開へ

Tech

イーロン・マスクのLAトンネル、12月11日に一般公開へ

イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社Boringが米ロサンゼルスで進めていた高速交通システムのための実験トンネルがほぼ完成し、12月11日に一般公開する運びとなった。 12月10日夜にオープニングイベントを開催し、翌11...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
イーロン・マスク氏のトンネル掘削会社Boringが米ロサンゼルスで進めていた高速交通システムのための実験トンネルがほぼ完成し、12月11日に一般公開する運びとなった。

12月10日夜にオープニングイベントを開催し、翌11日に一般向けに無料乗車を提供する。

・試乗の最高速度は時速250キロ?

マスク氏が21日に自身のツイッターで明らかにした。トンネルはマスク氏がCEOを務めるSpaceX社の駐車場から2マイル(約3.2キロメートル)にわたって伸びている。

この高速交通システムでは、トンネル内を人が乗車するポッドを乗せた“電動スケート”が走るが、今度の試乗では最高速度時速250キロを出すとみられる。

・注目度高い公開

マスク氏は今年5月に、実験トンネルが完成に近づいていると明らかにし、その際、数カ月以内にトンネルを一般公開すると表明していた。

それから5カ月たってのアナウンス。若干予定よりも後ろ倒しになった感があるが、それでも初の事業であることに伴う煩雑な手続き、特に乗車の提供に必要な当局の許可の取得などを考えると、想定内のタイムラインと言ってもいいだろう。

Boring社の高速交通システムはシカゴやワシントンD.C.でもプロジェクトが進んでいるだけに、今度の一般公開は注目度が高いことは間違いない。そして、試乗でその実用性がアピールできれば、今後、加速度的に事業が進むことも考えられる。

Boring
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報