海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing 「偽造薬・偽造食品」を見破る人体に無害なバーコード スマホでのスキャンも視野に

Marketing

「偽造薬・偽造食品」を見破る人体に無害なバーコード スマホでのスキャンも視野に

残念なことに、あらゆる製品やサービスを取り扱う業界で、偽造品というものは出回っている。ただ薬の品質は、患者の健康や命に関わる致命的な事柄であり、正規品であるかは特に重要になる。「TruTag」はそうした問題を受けて開発さ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
TruTag残念なことに、あらゆる製品やサービスを取り扱う業界で、偽造品というものは出回っている。ただ薬の品質は、患者の健康や命に関わる致命的な事柄であり、正規品であるかは特に重要になる。「TruTag」はそうした問題を受けて開発されたテクノロジーであり、薬や食品などに、ナノレベルの微小なサイズのコードを貼り付けるというもの。いわゆる“バーコード”のような技術である。

「TruTag」によると、アメリカでは偽造薬の影響で、正規のビジネスが年間6000億ドルもの損害を受けており、流通している薬のうち、およそ10%が偽造薬だという。これはビジネスだけではなく、患者の健康問題にまで関わる大きな問題である。そこで「TruTag」は、無害で食べても影響のないシリコン溶液を用いて、それらを薬や食品と混合させ、微小なコードを貼り付けるという技術を開発。既存の薬などで普通に見かけるように、薬や食品のコーティング加工をするような感覚で使用可能だ。

このコードはもちろん口にしても安全な物質であり、コード内には、製品に関する情報を搭載することができる。「TruTag」の専用読み取り機器を使ってスキャンすると、コードが読み取れるようになっており、コード内に組み込まれた製造日や製造地などの詳細情報を表示する。開発者としては、将来的にスマートフォンを使って読み取り可能にすることも視野に入れているという。

自分の健康と正規のビジネスを守るためにも、これからも偽造品には手を出さず、正規品を利用したいものである。

TruTag
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報