海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise スタートアップの組織マネジメントをサポート!投資会社Skyland Venturesと組織コンサルの識学が業務提携

Enterprise

スタートアップの組織マネジメントをサポート!投資会社Skyland Venturesと組織コンサルの識学が業務提携

スタートアップにとって、ビジネス立ち上げから出だしの時期が非常に重要である。資金提供を受けたり、組織体系や業務の方向性の確立など、難しい問題は山積みだ。 ・Skyland Venturesと識学が提携、スタートアップを後...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スタートアップにとって、ビジネス立ち上げから出だしの時期が非常に重要である。資金提供を受けたり、組織体系や業務の方向性の確立など、難しい問題は山積みだ。

・Skyland Venturesと識学が提携、スタートアップを後押し

そんなスタートアップをサポートするベンチャーキャピタルの1つがU25のシードスタートアップへ多数の投資をおこなうSkyland Ventures(以下SV)。テクノロジー産業を中心としたスタートアップへシードマネーを提供しており、現在、約70社へ投資・総額約20億円超を運用している。そんなSVが、組織マネジメントコンサルティングの識学と業務提携をおこなうと発表した。

識学は、組織トップの意識を改革し、組織の課題を解決するコンサルティング会社。人の意識構造に着目した「意識構造学」をベースに、組織のパフォーマンス向上に悪影響をもたらす「誤解」や「錯覚」の発生要因や、その解決策の解明に取り組み、組織のパフォーマンスを最大化するマネジメント論を展開している。SV代表の木下慶彦氏のほか、SCOUTER、いちから、DUO、クラフタなど有望投資先数社が識学を受講しているという。

・シード・アーリーステージにおける課題解決へ

SVは投資活動をおこなううち、スタートアップのシード・アーリーステージにおける組織マネジメントの課題が大きいことを実感。識学と業務提携することで、この課題解決を進めていきたい意向だ。

業務提携後の取組予定は以下となる。

・SV投資先への識学導入による経営・組織支援
・SVや事業提携先に対する識学導入支援
・識学を活用しているスタートアップ・上場企業のコミュニティ構築
・識学サーベイを用いた投資判断

今後、世の中にインパクトを与えるスタートアップを日本から輩出する一力となってくれるかもしれない。興味のある人は参加してみては。

株式会社識学
Skyland Ventures
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報