海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ポルシェ、初のEVスポーツカー「Taycan」製造ラインの写真を公開

Tech

ポルシェ、初のEVスポーツカー「Taycan」製造ラインの写真を公開

ポルシェは、同社初のEVスポーツカーとして「Taycan」を2019年から量産することを明らかにしている。現在、その製造ラインが整えられつつあり、このほどその様子の写真を公開した。 また、Taycanを生産するにあたって...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ポルシェは、同社初のEVスポーツカーとして「Taycan」を2019年から量産することを明らかにしている。現在、その製造ラインが整えられつつあり、このほどその様子の写真を公開した。

また、Taycanを生産するにあたって60億ユーロ(約7780億円)を投資し、新たに1200人を雇用することも明らかにした。

・フレキシブルな生産体制

Taycanの製造設備は、ドイツ・ツフェンハウゼンにあるメーンプラントに現在準備中だ。これをポルシェは“工場の中に工場をつくる”と表現している。

というのも、Taycanの製造施設は従来の組立ラインとは異なり、フレクシィラインを適用し、ドライバーレスのトランスポートシステムとなる。

これにより、Taycan以外のスポーツカーの製造にも対応するフレキシビリティを確保できるのだという。

・2025年にはEVが半分

ファイナンスとITを担当する役員によると、同社が製造するモデルは2025年から半分以上が電動となる。

つまり今後しばらくは完全EVへの移行期間となる。それに対応するのが、今回の最新製造ラインとなるというわけだ。実際、新規採用する1200人はTaycanの製造だけでなく、他の2ドアスポーツカーにも携わるのだという。

ガソリン車からEVへの過渡期にあたり、変革に直面しているのはポルシェだけではなさそうだ。

Porsche
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報