海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech AdobeのPhotoshopがiPadで使えるように! 2019年にアプリをリリースへ

Tech

AdobeのPhotoshopがiPadで使えるように! 2019年にアプリをリリースへ

Photoshopユーザー、そしてiPad愛用者に待望のニュース。AdobeのPhotoshopがiPadにやってくる。デスクトップのフル機能がiPadで使えるようになるという“完全版”だ。 まずはiPadで先行させ、そ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Photoshopユーザー、そしてiPad愛用者に待望のニュース。AdobeのPhotoshopがiPadにやってくる。デスクトップのフル機能がiPadで使えるようになるという“完全版”だ。

まずはiPadで先行させ、その後、他のタブレット端末でも展開していく予定だという。

・全機能を網羅

Photoshopユーザーならご存知かと思うが、Photoshopのモバイルアプリとしては「Mix」「Sketch」「Fix」などがある。しかし、これらはPhotoshopの一部機能をモバイル端末で使えるようにしているもの。

今回発表のiPad専用アプリでは、一部ではなく全機能を網羅する。そうした意味での“完全版”なのだ。

・タブレットならではのUIも

完全版では、デスクトップで使っているレイヤーやマスキング、3Dツールなども全て使える。デスクトップと同じPSDファイルにも対応するので、ファイルをインポートしたりエクスポートしたりしなくても、同一のファイルを複数のデバイスで作業できるのもメリット。

しかし、マウスを使ってのデスクトップでの作業と、タッチスクリーンでのiPadでの作業とでは若干ワークフローに差は出る。またiPadの方はスクリーンが小さいために、作業スペースを確保するためにツールバーは小さく表示される。

その一方で、iPadのインターフェースにはタッチ操作が加わる。たとえば、写真編集時にピンチズームでレイヤーパネルを開けるなど、タブレット端末ならではの使い方ができる。もちろん、Apple Pencilの使用にも対応する。

・AdobeMAXの現地の発表

アプリ「Photoshop CC」のリリースは2019年。具体的な時期についての情報はないものの、専用ページを立ち上げていることなどから、さほど遠くはなさそう。

今回Techable編集部はAdobeに招待を受けロサンゼルスのAdobeMAXに参加した。キーノートスピーチによると、Adobe側はパソコンだけでなく、いろいろな端末で使ってほしいとの思いがあり、今回のiPadでのリリースを決定したとのこと。タッチスクリーン式のタブレット端末と端末ということもあり、より直感的な操作が可能だそうだ。

絵を描くのが好きというアマチュアから、デザインなどを生業としているクリエイターまで、見逃せないアプリとなること間違いない。

Photoshop CC

Adobe
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報