海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech これぞ手のひらサイズ!懐かしの名機「Palm」がAndroid OSを搭載して復活

Tech

これぞ手のひらサイズ!懐かしの名機「Palm」がAndroid OSを搭載して復活

90年台に一世を風靡し、スマートフォンの原型を築いたともいわれるモバイルデバイス「Palm」。当時からの隠れファンも多く、新型として復活するという噂が流れた際には話題となった。 そんなPalmが本当に復活を遂げたようだ。...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
90年台に一世を風靡し、スマートフォンの原型を築いたともいわれるモバイルデバイス「Palm」。当時からの隠れファンも多く、新型として復活するという噂が流れた際には話題となった。

そんなPalmが本当に復活を遂げたようだ。ただ、新生Palmのきった舵はiPhoneやその他のAndroidスマホと真っ向から対決する方向というよりは、少し別の方向を向いているようだ。

・手のひらサイズでAndroid OSを搭載

今回の新型Palmには元祖Palmに搭載されていた「PalmOS」や「webOS」ではなく、Android(8.1)が搭載されることとなった。ディスプレイ(LCD)は3.3インチで、文字通り(Palmは日本語で手のひらを意味する)手のひらサイズだ。

1200万画素のメインカメラ、800万画素のフロントカメラを搭載し、プロセッサにはローエンドモデル向けのQualcomm Snapdragon 435が採用されている。メモリは3GB、ストレージは32GBとなっている。

独自のスキンを使っているため、他のAndroidとは異なるユニークなUIに仕上がっているのが面白い。

・「メインスマホのお供」的な位置づけ?

Palmは米キャリアVerizonからの独占販売となるが、Verizonの回線にNumberShareで追加料金を払う形でしか利用できない(Wi-Fi利用は可能)。これにより既存の回線をPalm上でも利用することができるため、PalmはまるでApple Watchセルラーモデルや2台目スマホのような「メインスマホのお供」的な位置づけにあるといえるだろう。

価格は約350ドル(約3万9130円)で、Verizonの公式サイトにて事前予約が開始されている。実用的かどうかは別にして、デザイン的にはなかなか目を引く端末といえるだろう。

執筆:Doga

Verizon

The Verge
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報