海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 電動キックスクーターで快適ライドシェア、黒光りするタフボディの「Bird Zero」

Tech

電動キックスクーターで快適ライドシェア、黒光りするタフボディの「Bird Zero」

オリンピックを前にして日本でも都心部を中心に広がり始めているライドシェア。ちょい乗り用途では低料金で利用できて乗り捨てできるバイクシェアが圧倒的に便利だろう。 一方アメリカでは電動キックスクーターのシェアリングサービスが...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリンピックを前にして日本でも都心部を中心に広がり始めているライドシェア。ちょい乗り用途では低料金で利用できて乗り捨てできるバイクシェアが圧倒的に便利だろう。

一方アメリカでは電動キックスクーターのシェアリングサービスが急速に拡大している。このようなちょい乗りライドシェアが実現した背景には、テクノロジーの進歩により、スムーズなペイメントや乗り物の管理が可能になったことがある。

アメリカを中心に世界でシェアリングサービスを展開する「Bird」の電動キックスクーターは、ユーザー目線で見ても自転車よりも手軽で快適に乗れそうだ。

・タフさと安定感を備えた設計

不特定多数のユーザーが利用し、街中に設置される電動キックスクーターに求められるのはまずタフさだろう。Birdの電動キックスクーター「Bird Zero」は耐久性を売りとしており、それはユーザーにも快適さと安全を提供する。

ごつめのタイヤやその接続部分は安定感をもたらし、スムーズな走行に寄与するものだ。安定感を助長するしかけとして、分厚めのライディングデッキの重心は低めに設定されている。

移動距離やバッテリー残量がわかるデジタルディスプレイは大きめで見やすい。ハンドル右手側のバーコードは、ユーザーがスマホアプリから支払いを済ませるためのものだ。余計なものが一切搭載されていないシンプル設計は、ユーザーが利用しやすくするための工夫だろう。

・位置情報のトラッキングで現在地を把握

ライドシェアのシステムを見てみると、位置情報をトラッキングして各キックスクーターの現在地を把握。ユーザーがアプリから近場のものを探せるだけでなく、どこでどれだけ使われたかがわかるようになっている。

管理者は利用が多い場所にキックスクーターを配置したり、夜間に移動させたりといったことが可能になり、効率的な運用が期待できる。

自治体や大学などがBirdと契約するときは、キックスクーター一台につき1ドル支払うシステムになっていて、スポットごとの利用頻度に応じてキックスクーターを増減させるようだ。すでにアメリカや、フランス、オーストラリアなどの自治体・大学で利用されており、Birdのシェアリングサービスは今後も拡がっていくものと思われる。

規制の壁があるため、電動キックスクーターのシェアリングサービスが日本に来るのはまだ先だが、海外の設置都市を訪れた際に利用してみるのもよいだろう。

Bird
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報