海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 空気清浄機の技術を応用!? ダイソンから髪を傷めないヘアツール「Airwrap」登場

Tech

空気清浄機の技術を応用!? ダイソンから髪を傷めないヘアツール「Airwrap」登場

多くの女性が髪をセットするのにドライヤーやヘアアイロンを使ったりしているのではないだろうか。 その際気になるのが髪へのダメージだが、このほどダイソンが発表したヘアツール「Airwrap」は、高熱を使用しない、髪に優しいも...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
多くの女性が髪をセットするのにドライヤーやヘアアイロンを使ったりしているのではないだろうか。

その際気になるのが髪へのダメージだが、このほどダイソンが発表したヘアツール「Airwrap」は、高熱を使用しない、髪に優しいものなのだという。

・カールやストレートも


掃除機でおなじみのダイソンだが、ドライヤーSupersonicもかなりのヒット商品となっている。今回発表したAirwrapはそれに続くヘアツール商品となる。

Airwrapはアタッチメントを使うと、カールする、ストレートにする、乾かす、の3役をこなす。またスムージングブラシやカールブブラシ、櫛が用意され、髪型や髪質、スタイルによって使い分けられる。

・コアンダ効果で優しく

最大の特徴がコアンダ効果を採用していること。これは噴流が物体の表面に沿って流れようとする現象のことで、Airwrapでは内蔵するデジタルモーターで風を発生させてアタッチメントの表面を流れるようにする。これにより、髪を引き寄せて優しくスタイリングできるのだという。

使用時の温度は150度以下で、従来のカラーが200~250度であることを考えると、髪へのダメージをかなり抑えられそうだ。また、髪が絡みにくくなっているのもセールスポイントとのこと。

・5〜6万円の高級路線

Airwrapは3つのパッケージが用意されていて、Airwrap本体に真っ直ぐな髪用のキットがついてくるパッケージと、縮毛用のキットがついてくるパッケージがそれぞれ500ドル(約5万6000円)、すべてのアタッチメントがついてくるパッケージが550ドル(約6万2000円)となっている。

なかなかの額ではあるが、ドライヤーSupersonicが高価格でも人気商品となったことを考えると、ヒットする可能性は十分にありそうだ。

Dyson
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報