海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 国内シェアNo.1のオンライン試着サービス「バーチャサイズ」が約2億円の資金調達!アジア・海外展開を強化

Enterprise

国内シェアNo.1のオンライン試着サービス「バーチャサイズ」が約2億円の資金調達!アジア・海外展開を強化

「頻繁にECサイトで洋服をチェックしている」というファッション好きも多いだろう。一方、通販で洋服を買わない人の中には、サイズが合わないリスクがあるから、という理由で避けている場合も少なくない。 ・オンライン試着サービス国...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「頻繁にECサイトで洋服をチェックしている」というファッション好きも多いだろう。一方、通販で洋服を買わない人の中には、サイズが合わないリスクがあるから、という理由で避けている場合も少なくない。

・オンライン試着サービス国内トップのバーチャサイズ、2億円の資金調達

そんな問題を解決しようと、新たなサービス展開を試みているのが「バーチャサイズ(Virtusize)」だ。2011年にスウェーデンのストックホルムで創業し、2013年から日本でのサービスを開始。ECサイトの商品アイテムとユーザー手持ちのアイテムをイラストで重ね合わせることでサイズ比較できるオンライン試着サービスだ。

現在、ユナイテッドアローズ、アーバンリサーチ、マガシーク、マルイ、SHOPLISTをはじめとする国内50サイトで導入されており、日本のオンライン試着サービス市場のシェアは80%を超え、世界でもNo.1のポジションにいるという。

このたび、2018年9月28日に大和企業投資が約2億円の資金調達を実施した。バーチャサイズは韓国にも子会社を設立し、ユニクロやロッテなどの大手企業で導入され、韓国市場のトップに立っている。

・アジア市場をはじめ、グローバル展開を目指す

今回の資金提供を受け、日本に留まらず、アジア市場、グローバル展開の強化を目指していく意図がある。バーチャサイズCEOの上野・オラウソン アンドレアス氏は、「現在、オンラインでのサイズ問題を解決するサービスとして、日本と韓国市場においてマーケットリーダーとなっております。今年6月の資金調達は、主に本社機能をすべて日本に移すことにフォーカスを当てましたが、今回、大和企業投資からの出資を受け、より充実したサービスの開発を日本をはじめ、アジア市場、グローバルに提供していこうと思います。

最近、新たなサービスをいくつかリリースさせていただきましたが、今後も今まで以上のスピードでユーザー様、クライアント様にさらに価値のあるサービスをお届けしていきます」とコメントしている。

また、出資した大和企業投資の加藤 輝氏のコメントによると、「バーチャサイズの革新的でユーザーファーストなプロダクトは、ユーザーを購買前のサイズとフィッティングに関する不安から解放し、ファッションECにおける購買体験をより豊かで楽しいものに変えてくれるでしょう。

また、購買後のサイズ違いやフィッティングの違和感が解消されることで返品率の低下や購買率、購買単価の向上といった効果が期待され、小売事業者やEC運営者の方々の力強いパートナーとなるはずです。大和企業投資は、バーチャサイズによる世界のファッションECをより良く変革していくための挑戦を、当社グループのノウハウ・ネットワーク・顧客基盤を最大限に活用し、支援して参ります」とのこと。

海外展開を視野に入れると、ファッション業界としてはますますECサイトに力を入れていく必要があり、新たな需要を掘り起こし、成長していく可能性を秘めている。今後の展開に期待したい。

株式会社Virtusize
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報