海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Marketing クリエイターのためのコンテンツ販売プラットフォーム「Gumroad」、販売代金の銀行振込を日本で初導入

Marketing

クリエイターのためのコンテンツ販売プラットフォーム「Gumroad」、販売代金の銀行振込を日本で初導入

写真やイラスト、書籍、ゲーム、楽曲などデジタルコンテンツなら何でも販売できるプラットフォーム「Gumroad」。プロでなくても作品を販売でき、売れた代金はちょっとしたお小遣いになったりもすることからクリエイターに人気のサ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Gumroad写真やイラスト、書籍、ゲーム、楽曲などデジタルコンテンツなら何でも販売できるプラットフォーム「Gumroad」。プロでなくても作品を販売でき、売れた代金はちょっとしたお小遣いになったりもすることからクリエイターに人気のサービスだ。GumroadのCEOによると日本は米国に次ぐ大きな市場で、日本での利用をさらに拡大しようと、このほど販売代金の銀行口座振込サービスを導入した。

これまでGumroadではクリエイターへの売り上げ代金支払いにPayPalを活用していた。PayPalの利用はさほど難しいわけではないが、日本で浸透しているとは言いがたく、また利用するにはPayPalのアカウントを開く必要もある。そこで、もっとシンプルな方法をと全銀ネットワークを採用した。これにより、日本のクリエイターは自分の銀行口座への代金振り込みを指定できるようになった。

この銀行振込の導入で、かつてGumroadを利用し、しばらく離れていた大口の売り手が再びGumroadで販売するようになるなど、日本での販売額は28%増加したという。また、サイトは基本的には英語だが日本語でも表記されるようにするなど、日本ユーザーのサポートも拡充した。

こうした支払い手法と言語のローカライズは日本が第1号で、今後は他国でも同様のサービスを展開したい考えのようだ。加えて、その国の実情に最適化したサービスの展開も検討しており、例えば日本においてはショートメッセージ向けのデジタル小説が数多くあることから、ショートメッセージアカウントへの小説配信などもありえる、としている。

Gumroad
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報