海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ランドローバー、ドローン搭載の特別車両をオーストリア赤十字社に寄贈

Tech

ランドローバー、ドローン搭載の特別車両をオーストリア赤十字社に寄贈

ランドローバーは、災害などの緊急時に救護・救援活動を展開する赤十字と長年にわたって協力関係を築いている。 具体的には特別車両を提供しているのだが、オーストリア赤十字社に寄贈したドローン搭載の特別仕様ディスカバリーの運用が...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ランドローバーは、災害などの緊急時に救護・救援活動を展開する赤十字と長年にわたって協力関係を築いている。

具体的には特別車両を提供しているのだが、オーストリア赤十字社に寄贈したドローン搭載の特別仕様ディスカバリーの運用がこのほど始まった。

・18カ月のコラボ作業

この車両は、Project Heroのコンセプトカーとして製造された。3リッターのtd6エンジンを搭載したディスカバリーがベースで、そこに特別な機能を加えているというものだ。

ランドローバーの特殊車両を担当するチームとオーストリア赤十字社の18カ月にわたるコラボ作業で作り出された。

・現場指揮所にもなる

最も注意をひくのが車内に搭載されたドローンだ。8つのローターで飛行し、内蔵する赤外線カメラで440メートル先の人間、1000メートル先の車両を確認できる。

災害などでは道路が遮断される現場もあり、そうしたときにドローンを飛ばして現場の確認ができる。オペレーターは車両備え付けのコンピューターのタッチスクリーンをタップするだけでオブジェクトを追跡でき、正確な座標も確認できるとのこと。

そのほか、同車両はラジオアンテナを搭載していて、現場での指揮所にもなる。また、昼夜関係なく活動を行えるよう、周囲360度を照らす照明設備も搭載している。

ランドローバーによると、同社は1954年から赤十字のサポートを行なっていて、これまでに車両120台を寄贈しているという。

Land Rover
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報