海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 月に2週間滞在可能! ロッキード・マーチンが有人月探査ランダーのコンセプト発表

Tech

月に2週間滞在可能! ロッキード・マーチンが有人月探査ランダーのコンセプト発表

米防衛企業、ロッキード・マーチンは月探査用のランダーのビジョンを公開した。米航空宇宙局(NASA)が計画している月を周回するステーション、ルナー・ゲートウェイを拠点に月との間を往復する。 最大4人が搭乗でき、2週間の滞在...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米防衛企業、ロッキード・マーチンは月探査用のランダーのビジョンを公開した。米航空宇宙局(NASA)が計画している月を周回するステーション、ルナー・ゲートウェイを拠点に月との間を往復する。

最大4人が搭乗でき、2週間の滞在が可能。しかもこのランダー、再利用できるという。

・ステーションを建設

人類が初めて月面に降り立ってから間もなく半世紀。人は再び月に向かう。米国では火星探査まで視野に入れた宇宙計画の中でまずは2023年に宇宙飛行士を再び月に送ることにしている。

米国の計画では、月を周回するステーションを建設し、ここに宇宙飛行士を常駐させる。そしてステーションから月に探査に行くことになるのだが、その際の“足”となるのが今回のランダーだ。

宇宙飛行士4人が乗り込めるほか、貨物1トンまで搭載可能。燃料の補給なしで月時間2週間滞在できる設計という。

・月はテスト地

ロッキードはこのランダーを火星探査の一環としている。というのも、米国政府は火星を探査するという計画を公表していて、月での有人探査がその訓練になるととらえているからだ。

ロッキードによると、真空、そして低い重力という環境は、テスト地として理想的なのだという。またそこでの経験が火星という未知の星の探査にも生きてくる、としている。火星探査用のランダーが発表されるのもそう遠くはないのかもしれない。

今回の月探査用ランダーのコンセプトは、ドイツで開かれた国際宇宙会議で発表された。

Lockheed Martin
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報